栃木県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

栃木のページ(暫定)

ここは栃木のページです
wikipedia:栃木

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土
  • 中禅寺湖…日光市にある湖で、男体山の噴火でできた堰止湖である。中禅寺湖は明治天皇によって「幸の海」と称えられ、イザベラ・バードはその景色を絶賛したという。現在はヒメマスの放流が行われている。
  • 華厳の滝…日光市にある落差97mの滝で、日本三大名瀑の一つにも数えられる。
  • いろは坂…日光市馬返~中禅寺湖畔間の国道120号の坂道のことで、48のカーブにいろはの文字をあてたことから、そう呼ばれる。紅葉の名所としても知られるが、猿の餌付けで問題になったこともある。

産業
  • 餃子(宇都宮市)
  • 首都圏のリゾート地(日光、那須、塩原、鬼怒川、尾瀬…)
  • 益子焼き

歴史
  • 日光東照宮
  • 那須氏…平家物語にも登場する弓の名手那須与一で知られる一族。関東八屋形の一つにも数えられたが、室町時代には上那須家と下那須家に分裂し、内部抗争を繰り返した。那須資房の代には那須家の統一に成功し、その後は宇都宮氏や佐竹氏などと戦い続けた。資晴の代には北条氏や伊達氏と結び、侵攻して来た佐竹軍、宇都宮・塩谷軍を次々と撃退し、その武威を示した。しかし、豊臣秀吉に敵対する姿勢を見せ、改易された。後に那須藩として大名に復帰している。
  • 宇都宮氏…下野国を本貫とし、各地に広まった一族。紀清両党と呼ばれた武士団を率い、有力な一族として下野国に勢力を張った。宇都宮貞綱は元寇において、討伐軍大将に任じられている。後に足利尊氏を支援し、北関東に大きな影響力を持つに至った。戦国時代には尚綱が勢力拡大を図るも、那須氏との戦闘で戦死により衰退する。その後、佐竹氏や結城氏と同盟し、北上する北条氏に対して徹底抗戦した。しかし、豊臣家臣団の内部対立に巻き込まれて改易されてしまった(惣無事令違反とする説もある)。なお、麻生太郎前首相はこの下野宇都宮氏から分かれた豊前宇都宮氏の流れを汲む。

神社仏閣
  • 宇都宮二荒山神社…下野国一宮、主祭神は毛野国の開祖である豊城入彦命(トヨキイリヒコノミコト)。宇都宮市中心部に位置し、古くは宇都宮大明神とも呼ばれた。宇都宮は一宮(イチノミヤ)や移しの宮の音がなまったものとされている。平家物語に登場する那須与一は平家船上の扇の的を射る際に「日光権現、宇都宮、那須の温泉大明神」と祈ったという。
  • 日光東照宮(日光市)…徳川家康、東照大権現を祀っている。家康のブレーン天海僧正は、天台宗と神道を習合させた山王一実神道を伝授されており、北極星と北斗七星への強い信仰を持っていた。彼は江戸の街を風水の観点から設計することに尽力し、家康が死後、江戸の北、即ち東照宮に祀られることで、江戸の防備を完全なものにした。
  • 野木神社…野木町にあり、主祭神は応神天皇の皇太子である莵道稚郎子命。江戸時代には、古河藩主土井氏の崇敬を受けた。竹竿の先の提灯をぶつけ合い、その火を消し合うという「提灯もみ祭り」で知られる。

伝承
  • 殺生石…那須町にある溶岩で、付近には、有毒ガスが噴出していたという。聖武天皇の時代、中国の王の后に姿を変えて悪をつくしてた白面金毛九尾の狐は、遣唐使の船で日本に逃げてきたという。後に鳥羽上皇の時代になると、狐は玉藻前という美女に化け、その美貌と博識から上皇の寵愛を受ける。上皇は病に倒れると、陰陽師・安倍泰成によって玉藻前の正体が暴かれるが、狐は那須野に逃亡する。三浦介義明、千葉介常胤、上総介広常らに率いられた討伐軍がこれを成敗したものの、狐は巨大な毒石に変化し、近づく人間や動物等の命を奪い、殺生石と呼ばれたという。後に殺生石は玄翁(源翁とも)和尚によって砕かれ、その破片が各地に散ったとされる。
  • カクシンボ…栃木県における、夕方に子供を神隠しする妖怪のこと。
  • カマイタチ…大桑村では屈強な男が鎌鼬に内股を切られ、その傷は骨まで達していたという。
  • 飛銚子…日光の男体山、女峰山で修験者がよく見かけたという。鉄製の小さな銚子(酒器の一種)のようで蓋がなく、山鬼の玩具であったとされる。
  • 天狗…日光の山中にある院に寄宿していたものたちが碁を打ったところ、浪人が勝ち、自分が先手なら無敵!と誇ったところ、僧に「鼻の高い人に聞かれるぞ」と戒めた。すると、庭の方から「ここで聞いてるよ…」と声が聞こえてきたという。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 殺生石(那須町)…火山性ガスの吹き出る溶岩の岩場。九尾の狐といわれた玉藻前は那須で暴れていた所を鳥羽上皇の命令で捕らえられたという伝承がある。九尾の狐の骸は殺生石となり死後も毒気を吐いたという。
  • 戦場ヶ原(日光市)…赤城山の神が巨大なムカデに、男体山の神が巨大な蛇になって戦ったという伝説がある。
  • 並び地蔵(日光市)…別名「化け地蔵」大谷川沿いの道に多数の地蔵像が並ぶ。なぜか地蔵を数えようとしても、行きと帰り、あるいは数えた人によって数が異なるというミステリースポット。風化したものや目立たない場所に立つ地蔵が多いために数えづらいからと言えばそこまで。
  • 日光東照宮
  • 古峰ヶ原神社では天狗が祭られている。
  • 光丸山法輪寺の境内には栃木名木百選の「西行桜」がある。
  • 野木町のひまわり…栃木県下都賀郡に属する野木町は、「ひまわりの里」として知られており、毎年「ひまわりフェスティバル」を開催している。元々は農家が食用のひまわり油を生産するために植えていたが、昭和52年に「緑と太陽の町」のイメージのために町の花に指定された。

候補キャラ



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。