神奈川県

神奈川県のページ(暫定)

ここは神奈川県のページです
wikipedia:神奈川県

有名・特徴的な所(暫定)



自然・風土
  • 日本の主要港である横浜港がある。ちなみに今年は開港150周年になる
  • 三浦市…かつてこの地は関東の名族、三浦氏の支配下にあった。三浦半島の先端に位置し、日本有数の漁港三崎港を備える。
  • 都会なのか田舎なのか中途半端な県な気がする
    場所によっては狸・猿・鹿などによく遭遇する(自分はバイクで狸を轢いた経験あり。よく潰れてる光景も見る)
  • 相模湾…相模湾には水深1000メートルを越える相模トラフがあり、深海とつながっている。そのため、陸地に近い場所まで深海魚が出現したり、座礁なども多数報告されている。昭和天皇は相模湾で海洋生物を研究し、多くの書籍として出版している。それらはその情報量、まとまりから、海洋生物系研究室必須の書籍となっている。
  • 平塚市では毎年7月7日を挟んだ数日間七夕祭り(star festival)が開催される。
    仙台などと並び日本三大七夕祭りの一つとされるほど。
  • 厚木市で8月第一週土曜日を中心に前後1日含め3日間にわたり「あつぎ鮎まつり」という祭が行われる。
    かなり大規模な祭で、神奈川県全体でも有名な祭でもある。

産業
  • 横須賀はかつて、帝国海軍の軍港として発展した。今も海上自衛隊にとって重要な根拠地である。
  • 全国ワイン生産量二位
  • 写真フィルム生産量日本一…神奈川県は、写真フィルム生産量日本一を誇り、小田原市は富士フィルムの工場があり、足柄平野は豊富な水などの環境からフィルムの工場が集中している。
  • 横浜人形の家…国内外の様々な人形を展示している国際観光文化施設。世界140カ国以上の民族人形、アンティークドールなど約5,600点、さらには、江戸時代から現代までの日本の雛人形、五月人形、御所人形、文楽人形、賀茂人形、郷土人形など、人間国宝の作品も含め約8,000点を収蔵している。また人形劇の普及活動も行っている。
  • ハングリータイガー…横浜市を中心に展開しているファミリーレストランチェーン店。ハンバーグやステーキを主力としており、ダブルハンバーグおいしいよ!

歴史
  • 鎌倉は源頼朝が武家の中心地として、幕府を開いた古都である。
  • 小田原はかつて後北条氏の城下町として栄えた。小田原城は日本でも有数の堅城であり、武田軍や上杉軍による攻囲をも撃退した。しかし、1590年、豊臣秀吉の攻撃によって落城した。その後は小田原藩の城下町として栄えた。
  • 横濱毎日新聞…1871年に創刊された日本で最初の日本語日刊新聞。当初は貿易関連の情報を中心に扱っていたが、後に民権派の新聞として政治にも手を伸ばしていった。
  • 下岡蓮杖…元々は画家であったが、オランダからもたらされた銀板写真に驚愕し、写真を研究、1862年に横浜に写真館を開業した。その門下からは日本写真史上に名を残した写真家を輩出している。

神社仏閣
  • 鶴岡(ツルガオカ)八幡宮…鎌倉市にあり、祭神は応神天皇、比売神、神功皇后。武家、源氏の守護神として厚く信仰されてきた。源頼義が前九年の役によって奥州を平定した後、かつて戦勝を祈願した京都の石清水八幡宮を、「鶴岡八幡新宮若宮」として勧請したのが始まりとされる。後に源頼朝は居所をすぐ隣に建設するほど、この若宮を厚く信仰し、本宮を設けて鶴岡八幡宮とした。頼義が奉納したとされる黒塗矢が伝えられており、これが破魔矢の起源とも言われている。
  • 江島神社…「江ノ島の弁天さん」として有名。藤沢市にあり、祭神は多紀理比賣命(タギリヒメノミコト)、市寸島比賣命(イチキシマヒメノミコト)、田寸津比賣命(タキツヒメノミコト)の宗像三女神であり、後に神仏習合によって弁財天とされた。神託によって江ノ島東南の龍穴に宮を建てたのが始まりとされ、役小角、泰澄、弘法大師、日蓮などが参拝し、行を練り、神感を得たという。竜宮造りの瑞心門は華麗。
  • 寒川神社…寒川町にある。相模国一宮であり、祭神は寒川比古命(サムカワヒコノミコト)と寒川比女命(サムカワヒメノミコト)。大蓑彦神社社伝によれば、両柱は水神、治水の神とされる。創建年代は不明だが、相模国造、あるいは高句麗系渡来人などの豪族が建てたともされる。
  • 箱根神社…箱根町にあり、瓊瓊杵尊、木花咲耶姫命、彦火火出見尊の三柱を祀る。総称として箱根大神とも呼ぶ。元は山岳信仰の地であったとされ、孝昭天皇の時代に、聖占仙人が駒ケ岳を開山したのに由来するという。明治の神仏分離令によって神社となった。箱根神社は駒ヶ岳南麓にあり、奥宮が頂上にある。
    • 九頭竜権現…芦ノ湖の湖神、湖中の小島の龍神祠に祀られている。九つの頭を持つ竜神であったが、人々を悩ませたため、万巻上人によって封印されたという。箱根神社の神事として行われる竜神祭はこの竜神を供養するものである。
  • 川崎大師…川崎市にある、真言宗智山派の平間寺の通称。山号は金剛山金乗院。本尊の空海像は弘法大師が唐で作った自分の像を流したものとされ、川崎に漂着したという。厄除け大師として知られ、また葛餅と痰きり飴でも有名。
  • 秋山自在霊神…小田原市にある妙泉寺本堂脇に祀られている。痔の神様として、かつては盛んに信仰されていたという。元々は地の神様だったものが、その音から痔の神様になったものとされる。

伝承
  • 天狗…津久井郡に出たとされ、怖いもの知らずの若者が通りかかると、木が動いて通れなくなり、また、上から生暖かい息を吹きかけて驚かせたという。
  • 天狗火…かつて箱根の山では火の玉が飛び交うことがあり、旅籠では見ると害があるからと、宿泊客が見ることのないよう戸を閉めたという。

JAXA
  JAXA・宇宙航空研究開発機構の一部門であるISAS・宇宙科学研究本部相模原キャンパスがある。
  日本の宇宙科学の総本山で、研究開発のみならず、物理科学研究・宇宙科学専攻の大学院教育を行い
  先端科学を担う人材育成の場でもある。
  そこで年一回夏に開かれる特別公開は国の研究機関と言うより、どことなく学園祭的な雰囲気がある。
  2010年の特別公開は7月29日30日に行われ、小惑星探査機「はやぶさ」が地球に持ち帰ったカプセルが
  初めて一般に公開された。この時の来場者数は例年の二倍以上で、特別公開開催以来初めて3万人を超えた
  あまりの混雑にカプセル展示か宇宙研施設見学のどちらかに絞って来場した方もいるようなので、
  実際にはもっと多くの来場者がいたものと思われる。(推定5万人来場という説あり)
  はやぶさのカプセル展示会場となった隣接の市立博物館にはコミケの人気サークル並みの長蛇の列が出来、
  深夜3時から午前の開門前には4千人以上が並び最長4時間待ちという宇宙研始まって以来の大混雑イベントになってしまった。
  未曾有の混雑に対応する為、開門時間を30分繰り上げ、淵野辺駅からの無料送迎バスも二台体制で
  ピストン輸送を行うという異例ずくめの体制となった。
  三万人以上の観客動員はおそらく宇宙研のみならず、万国博覧会以外の国の研究機関のイベントとしては
  最大観客動員数だと思われる。

  そんな毎年盛況なイベントであるJAXA相模原キャンパス特別公開は今年も7月29日30日の二日間にわたって行われる。
  見果てぬ宇宙と先端科学技術に挑む研究者達が織りなす熱い夢を見せてくれるだろう。

  なおカプセルは順次2010年8月2~6日まで筑波宇宙センターで、8月15~19日まで丸の内オアゾ1階にて一般公開された。
  その後の展示予定は未定だが、2011年現在全国各地で巡業展示している。地方の方は注意深くJAXA公式サイト
  情報をウオッチして貰いたい。
  鹿児島県ページで触れているが、2008年夏の一般公開時に配布されたX線天文衛星「すざく」塗り絵の隅の月
「レイセン」に見えるキャラがさりげなく描かれており、JAXA/ISASの中の人にも  東方好きがいる事を漂わせている。
  2010年6月13日の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還では、深夜11時にも関わらずパブリックビューイングで
  大勢の観客を集めた。
 更にISAS・宇宙科学研究本部はミッション成功の鍵を握ったイオンエンジンの開発者の一人が講演会の時に一般質問者から
 イオンエンジンの次は波動エンジンを作って下さい!とネタを振られた時、「波動エンジンはイスカンダル由来ですが、
 我らがμ10(はやぶさで使われたイオンエンジン)は日本製です!」と答えてアニメネタを見事に切り返して、観客からの
 拍手喝采をうけたりと、柔軟な思考と同時に機知に富んだ応答も出来る素晴らしい技術者・科学者集団を
 擁している組織でもある。
  はやぶさが投下した小惑星イトカワのサンプルが入っていると思われるカプセルを分析する為、最高レベルの
  密閉性を保っている国内唯一で世界でも数少ない宇宙検疫設備(キュレーション施設)がある。
  地球外の天体から持ち帰った物質を分析する際、地球上の物質と混じらぬようにするのと、万が一未知の生物や
  物質が存在した場合、外部に拡散すると人畜や地球環境に影響を及ぼす可能性がある為、試料が屋外へ拡散する
  のを防ぐ為の施設である。
  そのキュレーション施設で慎重に分析を進めていたはやぶさのカプセルに収納されていた微粒子は、
  2010年11月17日に小惑星イトカワ由来の微粒子がある事を正式に発表した。
  日本唯一のキュレーション施設は月以遠の天体に離着陸しサンプルを回収するというはやぶさの成果を見事に
  証明する初仕事となった。今後ははやぶさが持ち帰ったサンプルのみならず、将来の太陽系探査で、
  はやぶさのようなサンプルリターンミッションが増えれば活躍は更に増えるだろう。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 神奈川…ヤマトタケルが東方に行く際、草薙剣が金色に光ったので金川(カナガワ)と命名し、後に源頼朝が武神としても祀られるヤマトタケルにちなみ、神奈川と改名したとされる。
  • 平塚七夕祭り(star festival)
  • 横浜ベイスターズ…お星様は乙女な魔理沙のシンボルなんだぜ!
  • 横浜中華街…出典: 横浜中華街は神奈川県横浜市中区山下町にあり、以前は唐人町や南京町と呼ばれていた。ここには500店以上の店舗があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっている。
  • 海軍カレー…艦上の生活は運動不足、新鮮な野菜の不足によって健康が損なわれることがある。これを解決するために、英国海軍は帆船時代よりカレーを導入してきた。その伝統は日本海軍にも伝わり、日本流のどろりとしたカレーが生まれた。これが兵士たちの故郷に広まり、カレーライスが一般化していった。今でも、海上自衛隊では毎週金曜日はカレーの日とされている。カレーライスは海軍の街、横須賀にも広まり、今では多くのカレー店が腕を競い合っている。
  • 大ちゃん…横浜ベイスターズ元監督、山下大輔氏の愛称。ピッチャーデニー、ライトとレフト交代など数々の名采配でファンに衝撃を与えた。アスキーアートが有名。
  • 横浜人形の家…お人形は好きかしら?
  • ハングリータイガー…がおーっ!毘沙門天の使いですよ!
  • 壊れる神奈川…アニメや特撮において神奈川県が舞台として登場する場合、アレな展開が多いと言われ話題になった(例:ゴジラ上陸→観音崎、エヴァンゲリオン→箱根町、ぼくらの→藤沢市 など)。
  • 青い眼の人形…野口雨情の童謡。アメリカからやって来た少女人形の心を優しいメロディに乗せて歌う。「…青い眼をしたお人形は アメリカ生まれのセルロイド 日本の港へ着いた時 一杯涙を浮かべてた「私は言葉が解らない 迷子になったらなんとしょう」…優しい日本の嬢ちゃんよ 仲良く遊んでやっとくれ 仲良く遊んでやっとくれ…」

候補キャラ


  • スガイと思う -- (ミカン) 2011-12-14 16:41:41
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。