福井県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福井県のページ(暫定)

ここは福井県のページです
wikipedia:福井県

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土
  • 敦賀…若狭湾の奥に位置する良港で、江戸時代に北方との貿易拠点として発展した。
  • 小浜市…2008年のアメリカ大統領選挙民主党候補者選挙において小浜市観光協会員らが、バラク・オマバ氏を応援した。
  • 恐竜王国…勝山からは多くの恐竜化石が発掘されており、フクイリュウをはじめ、エチゼンリュウ、カツヤマケンリュウなど、恐竜図鑑で日本の恐竜のページには必ず出てくるような恐竜が発見されている。

産業
  • 眼鏡…福井は眼鏡の生産が盛んで、昭和30年頃には眼鏡枠生産で全国比80%を占める産地を形成し、現在では世界でも有数の高い技術力を誇るまでに成長している。
  • 原子力発電所が多い…敦賀原子力発電所など、県内には15基の原子炉が設置されている。
  • おろしそば…蕎麦に大根おろしを添えた一品。昭和天皇も好まれ、「あの越前の蕎麦…」と口にされたことから、越前蕎麦とも呼ばれるようになったという。

歴史
  • 継体天皇…6世紀に越国から即位した天皇。その血筋や王朝の交代の有無について議論が絶えない。
  • 渤海との交流…平安時代には、渤海との交流が盛んになった。
  • 一向宗…15世紀、北陸地方における本願寺系浄土真宗の布教拠点である吉崎御坊を建設、以後、一向宗の勢力が強い土地となり、織田信長によって一向宗が撃破されるまでこの傾向は続いた。
  • 朝倉氏…戦国時代には、朝倉氏が台頭、一向宗と戦いを繰り広げた。1506年には朝倉教景(宗滴)が九頭竜川にて一向宗を撃破。以降、一向宗の勢力は越前国内から加賀へと後退する。その後、朝倉義景の代には、将軍足利義昭を支援して畿内に進出した織田信長と対立、姉川の戦いや金ヶ崎にて激しく戦い、志賀の陣では織田軍を大いに疲弊させる。しかし、自軍の有利な点を生かせずに失点を重ねることも多く、1573年、刀禰坂の戦いで朝倉義景は破れ、一乗谷で自刃、朝倉氏は滅亡した。一乗谷はその後放棄され、ほぼ手付かずのままその遺構が伝わっている。
  • 若狭武田氏…元々は安芸武田氏の流れであり、室町時代に守護一色氏を撃破して、勢力を築いた。代々、足利将軍家より信任が厚かったとされるが、戦国時代には家中が分裂し、弱体化、朝倉氏の庇護下に入った。その後、若狭国は丹羽長秀によって統治される。本能寺の変の混乱に乗じて、武田元明は蜂起するも、後に秀吉・長秀に自害させられた。
  • 天狗党の乱…水戸尊皇攘夷の過激派が徳川慶喜に直訴に向かう途中、敦賀で投降、処刑された。
  • 杉田玄白…「解体新書」で知られる小浜藩の藩医(ただし小浜に住んでいた時期は幼少期)。江戸での解剖に立ち会ったのを機に「ターヘル・アナトミア」の和訳に取り組み、前野良沢や中川淳庵らとともこれを完成させた。外科に優れたとされ、晩年は後進の指導の傍ら「蘭学事始」を執筆した。杉田玄白記念公立小浜病院には玄白の銅像が立っている。

神社仏閣
  • 氣比神宮…敦賀市にあり、北陸道総鎮守、越前国一ノ宮とも言われる。古代には仲哀天皇や神功皇后らが参拝し、一時は佐渡・越後にも及ぶ広大な神領を有する北陸屈指の大社であった。主祭神は食物を司るイササワケノミコトであり、他に六柱を祀る。今も農漁海運業者の崇信が篤いという。
  • 若狭彦神社…小浜市にあり、若狭国一宮。上社を若狭彦神社、下社を若狭姫神社と言い、それぞれ若狭彦大神(彦火火出見尊、山幸彦)、若狭姫大神(豊玉姫命)を祭神とする。元々は上社が祭祀の中心であったが、その後下社へと移り、神職は下社にのみ常駐している。
  • 白山信仰…加賀、越前、美濃の三国にまたがる白山への崇敬を源流とする信仰。白山神社の祭神は菊理媛神(ククリヒメ)である。
  • 空印寺…小浜藩主酒井家の菩提寺。山門横の崖に、八百比丘尼入定の地とされる洞窟がある。
  • 八百姫神社…八百比丘尼が最初に庵を結んだ場所。祭神は八百比丘尼である。
  • 大虫神社…越前市にあり、山幸彦ともされる天津日高彦火火出見命を主祭神とする。垂仁天皇の時代、イナゴが大発生したが、祈願によって見事イナゴの害を鎮めたところから大虫神社の名を賜ったという。今では雨夜神社なども合祀され、雨夜神社の祭神は水波之売命とされるが、盲人の守護神、雨夜尊ではないかとも言われている。

伝承
  • ミノムシ…雨の日の夜に野道を行くと、傘から大きな雫が垂れ下がるという。手で払おうとしても脇に退き、すぐにまた大きなものが垂れ下がり、次第に数を増していくという。
  • ビシャガツク…坂井の辺りに出るという音の怪。ミゾレ雪の夜道を歩いていると、誰もいないにもかかわらず、後方からビシャビシャと足音が聞こえるという。
  • ガキ…シナノキの下に出たという妖怪。その下を通るとさもしい気持ちになり、唾を吐かなければ治らないという。
  • 八百比丘尼…若狭の長者、高橋権太夫は竜宮城に招かれ、ご馳走を振る舞われる。その時、不老長寿の妙薬として人魚の肉を出されるが、権太夫は気味悪がって食べず、家に持ち帰った。これを権太夫の16になる娘が食べてしまい、娘はいつまでも若いままとなった。娘は120歳になると無常を感じ、諸国を巡って貧しい人を助けたという。800歳のときに故郷が恋しくなり、小浜の洞窟で最期を迎えたとされる。娘は八百比丘尼(ヤオビクニ)と呼ばれた。
  • 公害と河童…大野郡和泉村(現大野市)は、古くから河童とかかわりのあった村とされ、九頭竜川の汚染を知らせに来た河童の話がある。ある時期から河童は村人に川の水がおかしいことを訴えたが、村人には川の水の異常が分からず相手にしなかったところ、あとでカドミウム汚染が発覚したという。
  • 河童の証文…三方郡には河童の証文を受け取った家があったとされ、かつてその家の先祖が牛を海に引きずり込もうとしていた河童を捕まえたところ、もう悪さをしないという証文を書かせたという。河童はお詫びとして魚も定期的に持ってきていたが、ある日、河童が魚をかける鹿角の代わりに大きな鉄の鉤を設置したところ、鉄を嫌う河童は魚を置いて行かなくなってしまったという。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 眼鏡の産地
  • 原子力発電所が多い
  • ゴジラ対ビオランテ決戦の地

候補キャラ

森近 霖之助(眼鏡)
霊烏路 空(原子力発電所)
朝倉 理香子(眼鏡+朝倉氏)
風見 幽香(ビオランテ)
河城 にとり(河童の伝承)

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。