山梨県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山梨県のページ(暫定)

ここは山梨県のページです
wikipedia:山梨県
  • 現在、富士山を主戦場として静岡と妹紅を巡って交戦中
+ ...

有名・特徴的な所(暫定)

自然・風土
  • 富士山…静岡県との県境、富士五湖はすべて山梨県にある。
  • 青木ヶ原樹海…富士山麓に広がる鬱蒼とした森林地帯。原生林が残り、ピクニックコースもある。自殺の名所として知られる、というよりはなってしまったという感がある。
  • 紅葉の名所…山がちな地形と渓流のおかげで、県内には多数の紅葉スポットがあり、県も積極的に紅葉を観光に利用している。滝とパノラマ風景が楽しめる清里、国の特別名勝地にも指定され、岩崖と紅葉が美しい昇仙峡、広重が浮世絵にも描いた、日本三奇橋のひとつである猿橋、3時間弱のハイキングコースがある紅葉台、滝の迫力が素晴らしい西沢渓谷、古寺が落ち着いた雰囲気を醸し出している大菩薩嶺などが有名である。

産業
  • ぶどう、桃、すももの生産量日本一。
  • 日本のワインの35%を生産するワインの名産地。
  • ワインの消費量日本一。
  • ミネラルウォーター…日本で生産されるミネラルウォーターの40%を占め、富士山麓、南アルプス、三ツ峠が主な生産地である。

歴史
  • 武田家…源氏の棟梁として名高い八幡太郎義家の弟義光を祖とする一族。武田氏初代となる義清が甲斐国に配流されたことに始まる。その後、鎌倉時代、室町時代のおいても甲斐の有力な氏族として活躍。信虎の代には今川氏と結び、信濃国にも影響力を確保、その子晴信(後の信玄)は信濃、上野国西部、駿河国に侵攻し、北条軍や徳川軍を打ち破る。しかし、信玄病没後は家臣の対立、度重なる戦による国土の荒廃に悩まされ、織田軍の攻撃を受けると勝頼・信勝親子は天目山で自害、武田家は滅んだ。
  • 武田信玄…人気・知名度の高い戦国武将であり、信玄堤は今も残っている。風林火山を旗印とし、武田家を一大勢力へと成長させた。越後の上杉謙信との川中島での戦いはあまりにも有名。また、美男子であったとされる、高坂昌信への浮気ごめんねお前が一番だよレターが現存しており、推測ではなく確実にアーッな武将として名高くなってしまった。なお、武田神社の祭神は武田信玄である。
  • 快川紹喜…織田信長の嫡男信忠が甲州攻めを行った際、寺にかくまった武将の引渡しを拒否したため、焼き討ちに遭う。このとき「安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も亦た涼し」の言葉を残した。ただ、文献の研究から、これは快川の逸話でなかった可能性が指摘されている。

寺社仏閣関連
  • 浅間神社…甲斐国一宮であり、一宮さんとも呼ばれる。垂仁天皇8年創建され、貞観7年(865年)に現在地に遷座したという。祭神は木花開耶姫命。
  • 吉田の火祭り…日本三大奇祭の一つであり、北口本宮冨士浅間神社と境内社諏訪神社の秋祭りである。3メートルはあろうかという松明数十本に次々と点火される。猛火の中で皇子を安産した祭神、木之花咲耶姫命の故事に基づくという。
  • 酒折宮(さかおりみや)…祭神は日本武尊。日本武尊が家臣たちに歌で問いかけた際、誰も答えられるものがいなかった。ところが身分の低い、火番の老人が見事に歌で返した。この故事から連歌発祥の地ともされる。

伝承
  • 八ヶ岳と富士山の背比べ…八ヶ岳と富士山が背比べを行い、八ヶ岳が勝ったものの勢い余って先端が折れてしまった、または怒った富士山にへし折られてしまったという話が伝わっている。
  • 湖水伝説…甲府盆地はかつて湖であったとされる湖水伝説が残っている。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 富士山と妹紅のスペルである蓬莱「凱風快晴 フジヤマヴォルケイノ」
  • 凱風快晴…葛飾北斎の作。富嶽三十六景の中で描いた場所が記録されていないものの一つ。近年は、山梨県都留市、西桂町、富士河口湖町の境界にある三つ峠ではないかと推定されている。なお三つ峠は標高1785メートルの山であり、峠ではない。
  • 宝石…かつて石英の産地であり、宝石加工産業が地場産業、日本唯一の宝石専門博物館「山梨宝石博物館」がある。
  • 武田信玄は戦国時代の有力大名であり、甲府躑躅ヶ崎館を本拠地とした。当時信濃国と呼ばれていた長野県に侵攻し、諏訪大社を保護下におき、戦の際にはその吉凶や神意を問うた。諏訪大社大祝であった諏訪頼重は自害に追い込まれ、諏訪氏は、信玄と頼重の娘との間に産まれた四男勝頼が継承した。勝頼はその後、武田家家督を継承するが、敵の血を引くと見なされ、一部からは歓迎されなかったとも言われる。
  • ほうとう…山梨県の郷土料理、麺類の一種で、うどんよりやや麺の幅が広い。その麺を野菜や季節のキノコ類、鶏肉、豚肉、油揚げなどと味噌汁で煮込む。かぼちゃを用いたかぼちゃのほうとうが有名。
  • 岩殿山の鬼退治…桃太郎の山国バージョン、こちらを原型と見なす向きもある。桃から生まれた桃太郎は老夫婦ももとで成長し、後に犬、猿、雉と共に鬼退治へとでかける。桃太郎は岩殿山の山頂目掛けて攻めかかり、鬼の腹を切り裂いて倒したという。
  • 栗林の女狐…今の塩山市にかわいい女狐が棲んでいた。人間と話がしたくて、かわいい娘に化け、人間の男にほいほいついていったという。その後の展開は不明である。
  • 夢見山…武田信虎が1521年信玄誕生のとき、信玄は鎌倉時代の英雄曽我兄弟の弟五郎の生まれ変わりだという夢を見たとされる場所。
  • カッパ…河口湖では、昔から水難事故とカッパを結び付けていたという。富士博物館には河童地蔵が展示されている。なお、富士河口湖町は河童で町興しをしており、きゅうりの浅漬けと長芋の絶妙なコンビネーションをウリにした「かっぱめし」を開発した。味のポロロッカや~!!また、下条村(現韮崎市)には河童からもらった傷薬が伝わっていたという。
  • 風神録三面…風神録三面は山梨県大月市にあり、桂川にかかっている猿橋とそっくりだという指摘がある。猿橋は刎橋という独特の手法で建設されており、日本三大奇橋の一つに数えられる。
  • 天子山地…山梨県南部と静岡県北部にまたがる山地。どれだけ相容れないんだ山梨と静岡!
  • 柿元ダム…山梨県佐野川に作られたダムで、ダム湖は天子湖と命名されている。これはダム湖の水源天子ヶ岳(標高1330メートル)にちなんだものである。なお、天子ヶ岳は天子山地の最高峰である。なお、山梨県には天子養漁場というものもあるのだが、何を養殖しているのかは明らかではない
  • オモイ…覚に似た妖怪「オモイ」がある。
  • 古明地…地霊殿に出演している古明地さとり、こいし姉妹の苗字である古明地とは山梨県に特徴的な苗字である。
  • サワガニ…川の上流など、水のきれいな場所に生息する淡水性のカニ。山梨県でも多数生息している。また、山梨県では水質の指標動物の一つとして水生生物調査に利用されている。お姉ちゃんお姉ちゃん!なんで頭にカニつけてるの?

候補キャラ



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル