香川県

香川県のページ(暫定)

ここは香川県のページです
wikipedia:香川県

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土
  • 小説「二十四の瞳」舞台
  • 小説「バトル・ロワイヤル」舞台
  • 映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」ロケ地
  • 建築「瀬戸大橋」
  • 山岳「讃岐七富士」…香川県内で富士山に例えられる七つの山のことで、飯野山(讃岐富士)、有明富士(江甫草山)、高瀬富士(爺神山)、三木富士(白山)、御厩富士(六ツ目山)、羽床富士(堤山)、綾上富士(高鉢山)の七山を指す。
  • 小島「佐柳島」…瀬戸内海に浮かぶ島で人口は約150人。室町時代に幕府の3代将軍足利義満が、海路で厳島神社へ参拝へ向かう途中、強風に遭った。その時、この島に逃れると風が和らいだことから、「早凪島」と名づけ、それが変化して今の名前になったという。未だ参り墓と埋め墓という両墓制が残る島としても知られる。

産業
  • 食物「讃岐うどん」
  • 食物「骨付き鳥」発祥の地
  • 果物「すもも」…小豆島の特産品

歴史
  • 歴史「讃岐国」…日本書紀において、讃岐国は自然災害の激しい土地であり、開拓に苦労した様子がうかがえる。
  • 歴史「満濃池」…水資源の乏しい讃岐国において道守朝臣が創築したため池。弘法大師が修復したことで有名。
  • 歴史「屋島の戦い」…源平合戦において、一ノ谷で破れた平氏を追って源義経がこれを急襲した。この戦い以後、平氏は瀬戸内海の制海権を失っていった。
  • 歴史「十河氏」…景行天皇の第十七皇子神櫛王の子孫と称した豪族。植田党の一角を形成していたが、戦国時代に三好氏の後援を得たことで台頭、三好長慶の弟、十河一存を当主に迎えた。一存は勇猛で家臣からの信望も厚く、一存の髪型を真似る家臣も多かったという。一存の急死後、甥の十河存保を当主に迎えるが、長宗我部元親の侵攻を受ける。後に秀吉に降りることで所領は安堵されたが、存保は九州征伐に従軍し戦死、残された遺児も大坂夏の陣で戦死したことで十河氏は滅亡した。

神社仏閣
  • 神社「こんぴらさん(金刀比羅宮)」…琴平町にあり、正式にはコトヒラグウと読む。古くは琴平神社と称した。祭神は大物主命だが、相殿として祟徳院を祀っている。大物主命は、琴平山に行宮を構え、中国、四国、九州を統治したという。海上交通の守り神として広く知られる。
  • 神社「田村神社」…讃岐国一宮であり、祭神は倭迹迹日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメノミコト)、その弟で四道将軍が一人、十狭芹彦命(イサセリヒコノミコト)、猿田彦大神、天隠山命(アメノカグヤマノミコト)、天五田根命(アメノイタネノミコト)である。五柱のうち、前二柱が農業殖産の神、後二柱は讃岐国の開拓水利の基を定めた神である。また、猿田彦大神はよく知られている通り導きの神であるため、讃岐国においての初期の開拓の歴史を反映していると言える。
  • 寺院「大窪寺」…さぬき市にある。行基が開基し、奥の院にある岩窟で空海が虚空蔵求聞持法を修したという。虚空蔵求聞持法とは、星を夢見ることで、自らに備わっている智を開く法であるとされる。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 讃岐うどん…香川県の旧名は讃岐国であり、うどんは特に好まれている食品である。うどんの生産量・消費量は日本一であり、大晦日には年越しそばではなく、うどんを食べるという。また、7月2日は「さぬきうどんの日」とされている。そんなことよりおうどんたべたい
  • 骨付き鶏…香川県丸亀市を発祥とする、鶏の骨付きもも肉を焼き上げた料理。店ごとに微妙に調理方法や味付けが違う。
  • 崇徳上皇…1119年、鳥羽天皇の第一皇子として生まれるが、父鳥羽天皇は、政治の実権を握っていた白河上皇によって退位させられ、五歳の傀儡として祟徳天皇が擁立される。これによって、父からは憎まれたという。一説には、祟徳天皇は、白河上皇の子とも言われる。白河上皇が崩御すると、鳥羽上皇が院政を開始するが、後に後継者を巡って祟徳上皇は父と対立、これがもとで祟徳上皇は弟の後白河天皇と戦うことになる。1156年、保元の乱に敗北した崇徳上皇は讃岐へと配流された。配流された地から、讃岐院とも呼ばれた。その後、崇徳上皇は父鳥羽上皇の菩提を弔うために写経に励み、それを父の墓所へ奉納しようとするが、朝廷より拒否される。祟徳上皇は激怒し、「日本国の大魔縁となり、皇を取って民となし、民を取って皇となさん!」(人の世の続く限り、人と人とを争わせ、その血みどろを魔界より喜ばんと言ったともされる)と呪詛をかけ、1167年に没した。舌を噛み切ったその血で呪詛を経に書き込んだとも言われる。その後京では怪死、天変地異、怪異などが続発したという。また、死後、上皇は大天狗になったとも言われる(魔縁は一部の百鬼夜行絵巻では天狗の姿で描かれる)。後には四国全体の守り神ともされた。
  • 屋島の禿げ狸…日本三大名狸が一つとも称される、変化の名手。狸同士で化かし合いをした際には、義経に化けて、源平合戦の名シーンを次々と上演したという。現在は高松市の屋島寺に蓑山大明神として祀られている。


候補キャラ

鈴仙・優曇華院・イナバ(名前のうどん、二十四の「瞳」)
ミスティア・ローレライ(骨付き鳥)
射命丸 文(大天狗、崇徳上皇)

  • ご当地絵

ランダム画像表示テスト実施中 (ランダムにしつつ画像サイズ揃える方法募集中)

http://www42.atwiki.jp/th-gotouchi?cmd=upload&act=open&pageid=70&file=%E5%84%AA%E6%9B%87%E8%8F%AF%E9%99%A2-%E9%A6%99%E5%B7%9D3.jpg


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。