福岡県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福岡県のページ(暫定)

ここは福岡県のページです
wikipedia:福岡県

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土


産業
  • ひよこ(菓子)、めんたいこ、とんこつらーめん
  • 北九州工業地帯…炭鉱(閉山)、八幡製鉄所
  • 門司港レトロ(北九州市)

歴史
  • 博多どんたく
  • 博多祇園山笠…舁き手が締め込みをするのが特色
  • 立花道雪…大友家臣最強の雷神。対毛利戦線に投入され、秋月氏、筑紫氏、宗像氏、さらには毛利の両川(小早川、吉川)らを相手に奮戦した。大友家が商業都市博多を維持するのに貢献した。この功によって立花城主に任命され、立花家の名跡を継ぐことが許された。その後、大友家が衰えてゆく中で、島津氏との決戦を前に、惜しまれつつ世を去った。一説によると、若い頃落雷に遭って半身不随となったという。このとき、落雷の中にいた雷神を切り殺したとされ、その刀は雷切と呼ばれた。キャードーセツサーン!また、酒色に溺れた宗麟に対して、大宴会を開いたことがある。諫言なら分かるが、お堅い道雪が大宴会とはどういうことだ?と宗麟が興味津々に道雪を尋ねたところ、フィーバータイムが始まり、雷の連打を浴びてピチュンしたという。
  • 高橋紹運…大友家臣、立花道雪に勝るとも劣らぬ勇将とされる。2万以上ともされる島津軍が攻めてきた際に岩屋城に800の兵で籠り、半月もの間抵抗して玉砕した。これにより、島津軍は貴重な時間を失い、疲労した島津軍の前には、秀吉の大軍が出現することになるのである。
  • 立花宗茂…北九州最強の系譜第三の男。高橋紹運を父に、立花道雪を養父に、道雪の娘誾千代を妻に持つ(ただし夫婦仲最悪、後に別居)。対秋月戦線で活躍し、島津の大軍が侵攻、父が玉砕した際には、立花城に篭り、島津軍を奇襲、これを撃破し追撃した。秀吉からは鎮西第一と評され、大いに気に入られたという。秀吉の朝鮮出兵では、碧蹄館の戦いにおいて明軍主力を撃破した(兵数は日本、明軍ほぼ同数であったが前衛の宗茂が頑張りすぎてしまった)。関が原後は西軍についたため改易されるが、家康の熱心な誘いにより、大名として復帰した。島原の乱に参陣したときは既に高齢であったが、その指揮ぶりに諸大名は武神キタ━(゚∀゚)━!!!!!と盛り上がったという。
  • 少弐氏…少弐の苗字は武藤資頼が大宰府の次官である大宰少弐に任命されたことに発する。元寇では、一族が各地の司令官格で活躍した。その後も北九州の有力氏族として活躍するが、室町時代に周防・長門の大内氏の圧迫を受け、次第に衰退していく。戦国時代、一時的に勢いを盛り返すかに見えたが、龍造寺家兼に破れ、その後、大内氏に降伏、少弐氏は滅亡した。
  • 大宰府…和名はオオミコトモチノツカサ。律令制において筑前国に置かれた地方官庁。九州諸国の行政の統轄、外国使節の接待、海辺防備などに当たった。福岡県太宰府市にその遺跡がある。白村江の戦いに敗北し、九州などの防備の重要性が叫ばれると、博多湾から大宰府へのルートを防ぐように水城が築かれた。一部の邪馬台国の仮説においては、大宰府は元々、邪馬台国の都、卑弥呼のいた場所であったと主張している。
  • 元寇…二度のモンゴル・高麗軍襲来において、博多湾が主戦場となった。一度目の文永の役は、元軍の威力偵察とも説もある。当初こそ元軍の集団戦術に苦戦したが、武士も頑強に抵抗した。元軍はその後悪天候により大打撃を受けたとも、撤退したとも言われる。二度目の弘安の役では、日本軍は土塁を築き上げ、徹底的な水際阻止戦術を展開した。また、河野通有のように小船による少数部隊の切り込み突撃も行われたという。結局、モンゴル・高麗軍は大きな損害を受けて撤退、残された軍勢は交流のあった南宋人を除いて徹底的に殲滅されたという。この勝利を、武士たちは自分達の力戦敢闘によるものと喜び、公家は自分達の和歌などの言霊の力によるものと喜び、寺社仏閣では神仏の力と喜んだとされる。

寺社仏閣
  • 太宰府天満宮(太宰府市)…「天神様」こと菅原道真を祀る神社。この地で左遷され亡くなった道真自身の墓を基に築かれた。各地の天満宮(天神社)に勧請を与え北野天満宮(京都)とともに天神信仰の拠点。本殿向かって右には、道真を追慕して京都からやってきたという飛梅の子孫が花を咲かせている。
  • 久留米水天宮(久留米市)…全国の水天宮の総本社。壇ノ浦に沈んだ安徳天皇と平家の霊を鎮めるために建てられた。水神であると同時に子どもの守護神であり、各地の水天信仰は河童に関わりが深い。地元の筑後川にも多くの河童伝承が残る。
  • 宗像大社…宗像市に位置する宗像三女神を祀る総本社。沖津宮には 田心姫神、中津宮には湍津姫神、辺津宮には市杵島姫神がそれぞれ祀られている。この場所は古代、大陸、半島との海上交通の要衝であり、元々は海人族の聖地だったと考えられている。禁忌の島、沖津島からは膨大な神宝、祭器が発見された。
  • 宮地獄(ミヤジダケ)神社…福津市に位置する神社であり、祭神は神功皇后、勝村大神、勝頼大神。重さ5トンはあるという日本一の大注連縄で有名である。三韓征伐前に、神功皇后がこの地で祈願したことがはじまりだという。
  • 高良大社…久留米市に位置し、筑後国一宮であり、祭神は高良玉垂命(コウラタマタレノミコト)。古くから筑後の国魂として信仰されてきた。主神の高良玉垂命は、『記紀』やその他の古典に見えないので如何なる神か不明であり、饒速日命、武内宿弥説、藤原鎌足説、綿津見神説、安曇磯良麻呂説、住吉同体説、彦火火出見尊説、鵜葺草葺不合尊説、御毛沼命説など枚挙にいとまがない。このほか筑紫君祖神説、物部氏神説、物部胆咋連説、香春同神説などがある。
  • 住吉神社…博多市にあり、主祭神は住吉三神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)。住吉三神を祀る神社の中で最古とされ、三大住吉の一つに数えられる。筑前一宮ともされる。

伝承
  • 三池山のツガニ伝説…三池山頂にある三池宮には三つの池があり、これは山の大蛇が玉姫様を襲い、食らおうとした際、姫が可愛がっていたツガニ(サワガニ)がハサミで大蛇三つに切り、そのときにできたものだという。三池山周辺は古くは「御木の国」とも呼ばれ、巨木信仰があったとされるが、後に開墾が進み、信仰は水源へと移行していったと言われている。この遷移が巨木を示す大蛇と水源を示すツガニの戦いとして伝承が生まれたとされている。なお、この水源信仰は後に天候を操る龍神への信仰となり、高所即ち山への信仰へと変遷していった。
  • 彦山縁起…添田町英彦山に、かつて法蓮という僧がおり、人々の暮らしを助けるために、毘沙門天が守護している如意珠を得ようとした。八幡神は自分もこの珠を得たいと思い、老人に化けて珠を欲しいと法蓮に願い、法蓮と共に修行をする。そして、霊蛇が玉を握り岩窟を破って現れ、法蓮らは修行の甲斐あって珠を得ることが出来た。さらに、このときから決して枯れず、清く、そして病の治癒や寿命を伸ばしてくれる龍泉が湧き出でた。しかし、その後珠の所有を巡って法蓮と老人は争い、八幡神である老人は珠を持ち逃げして法蓮に空まで追いかけられたり、火炎魔法で攻撃されたりした。あまりのしつこさに根を上げた老人は八幡神であることを明かし、珠を八幡宮に祀ること、寺を建て、法蓮をその主として敬うことを約束したという。法蓮は宇佐氏であり、この話は八幡神を宇佐氏が祀ることになった由緒を示すものの一つとして受け止められている。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 豊前市の求菩提山にはカラス天狗の伝説が残り市ではカラス天狗祭が催されている。
  • 邪馬台国九州説の中では比較的福岡県内説が多い
  • 天神様は学問の神であり、神使は牛
  • 水天信仰と河童
  • 海御前(宗像市、北九州市)…平家の奥方が海に沈み、河童の女親分となったもの。
  • 黒田節…「酒は呑め呑め 呑むならば…」の歌詞で有名であり、福岡藩士が歌っていたものが全国に広まったという。黒田家の武将母里太兵衛が福島正則の前で歌ったことはあまりにも有名。
  • 鬼夜…久留米市大善寺玉垂宮において、毎年1月7日の夜に行われる祭りであり、日本三大火祭りの一つとして数えられる。松明をかざして鬼の首を焼き払った故事にちなむとされ、祭りには全長13メートルの大松明が登場する。また、太宰府天満宮では鬼すべと呼ばれる同様の祭があり、いずれも年のはじめにあたって、災いを祓い福を招く祭とされている。
  • 彦山縁起の龍泉伝説…この水は今も霊験あらかたな龍水とされているという。
  • 川姫...妖怪名彙より引用 築上郡に伝わる化け物である。

候補キャラ



  • 突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました! -- (http://www.guccifactorystore.com/) 2012-11-14 12:55:46
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。