佐賀県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

佐賀県のページ(暫定)

ここは佐賀県のページです
wikipedia:佐賀県

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土
  • 有明海…有明海苔、ムツゴロウをはじめ多様な生物相が見られる。
  • 唐津くんち
  • 黒髪山県立自然公園…県でもっとも古い自然公園。昭和12年に指定され、霊場ともされる黒髪山を中心とする。日本名水百選にも選ばれた竜門峡を含む。

産業
  • 著名な陶磁器産地…唐津・伊万里・有田は焼き物の産地として有名であり、数々の名品を生み出してきた。
  • タイラギ…三角形の貝殻を持つ二枚貝。砂泥底に突き刺さるようにして生息している。主に後閉殻筋を食用とする。タイラガイとも呼ばれる。諫早湾干拓後、水揚げ量は激減した。
  • 嬉野…北九州を代表する茶の生産地。
  • 白玉饅頭…川上を訪れた神功皇后の妹、与止日女が荒ぶる川を鎮めた後、この地に住み、「白い玉のような男の子」を産んだという言い伝えからその名が来ている。
  • 九州の米どころ
  • ハウスみかん…佐賀県では、昭和48年唐津市でハウスみかんの栽培が始まった。今では生産量日本一を誇り、4月から9月にかけて全国に出荷している。
  • 久光製薬…鳥栖市に本社を置く製薬会社。創業者は久光仁平。サロンシップ、サロンパスや水虫薬ブテナロックなどの商品によってその名を知られている。

歴史
  • 肥前国風土記…現存する五つの風土記の一つ。
  • 吉野ヶ里遺跡…神埼郡にある日本屈指の環濠集落である。前期に集落を形成し、中期には墳丘墓、後期に望楼を設置したと考えられている。邪馬台国関連の話には欠かすことの出来ない遺跡の一つである。
  • 基肄(キイ)城…白村江の戦いの後、天智天皇が665年に亡命百済貴族らに命じて作らせた山城。有明海からの敵の侵入に備えたとされる。
  • 龍造寺隆信…龍造寺隆信は大友氏、島津氏と共に、一時、九州の勢力を三分した有力な戦国大名である。隆信は宣教師にカエサルのようだと評された男であり、貪欲で冷酷だったとも言われる。少弐氏、千葉氏を滅ぼし、今山の戦いでは大友軍を撃破する。1584年、離反した有馬氏を討伐すべく出陣、島津軍と衝突した。この四条畷で戦いで隆信は戦死、その後、龍造寺氏は没落、代わって隆信の腹心であった鍋島直正が台頭した。
  • 龍造寺家兼…隆信の曾祖父にあたる。少弐氏に仕え、1530年に大内義隆の大軍が侵攻してきた際には見事これを撃破した。晩年、主家との関係が悪化し、息子や孫を謀殺されてしまう。家兼は筑後に逃亡し、推定年齢92歳前後でありながら再起のために挙兵、少弐軍を撃破して龍造寺再興を遂げた。日本における最高齢出陣とされる。

神社仏閣
  • 祐徳(ユウトク)稲荷神社…鹿島市にあり、鎮西日光とも呼ばれる稲荷神社。1687年に鹿島藩主鍋島直朝夫人、萬子媛によって勧請された。年間300万人が参拝するとされ、日本三大稲荷に数えられる。祭神は倉稲魂大神のほか、大宮売大神、猿田彦大神、神令使命婦大神、萬媛命が祀られている。
  • 與止日女(よどひめ)神社…肥前国一宮であり、祭神は與止日女命。千栗八幡宮と一宮の称を巡って争った。與止日女大神は豊玉姫のこととも、神功皇后の妹とも伝えられる。元寇の際には、與止日女命が敵の船を吹っ飛ばしたとも伝えられる。
  • 千栗八幡宮…肥前国一宮、與止日女神社と肥前国一宮を争った。主祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后の三柱で、八幡神の神託により創建された。戦国時代以降、龍造寺氏、鍋島氏に保護された。
  • 鏡神社…唐津市にあり、三韓征伐の際に、神功皇后が鏡山山頂に鏡を納めて戦勝を祈願したという。後にこの鏡が霊光を発したことから、皇后の生霊を込めて祀ったとされる。一ノ宮に息長足姫命(神功皇后)、二ノ宮に反乱を起こし、唐津にて処刑された藤原広嗣を祀る。これは怨霊と化した広嗣の霊を鎮めるためである。
  • 綾部八幡神社…旧中原町、現みやき町にあり、旗上祭では日旗と呼ばれる旗を揚げ、その動きで天候を占う。この神事は951年から行われてるという。祭神は応神天皇・神功皇后の他、風神二柱を祀っている。なお、肥前国風土記によれば、綾部は元は漢部であり、帰化人漢人が兵器を作っていたという。
  • 伊萬里神社…伊万里市にあり、昭和37年に、香橘神社、戸渡嶋神社、岩栗神社の三社が合祀されて成立した神社。境内社として菓子の神とされる田道間守命を祀る中嶋神社があり、地元出身の森永製菓創業者、森永太一郎の胸像がある。

伝承
  • 鍋島の化け猫…佐賀藩主鍋島氏に恨みを持つ龍造寺氏の飼い猫が、化け猫となり城下を騒がせたとの伝説がある。後年、講談としてこの話は広まり、昭和初期には映画化もされた。
  • 佐用姫…宣化天皇の時代、新羅の攻撃を受けた任那救済のために大伴狭手彦が派遣されることになり、狭手彦は唐津で出征の準備をしていた。このとき、狭手彦の身の回りの世話をしていた佐用姫と夫婦の契りを結ぶ。出征の日、自分の代わりと思うようにと、狭手彦は鏡を佐用姫に渡すが、悲しみをこらえ切れなかった佐用姫は後に船を追おうとしたものの、既に船は見えず、鏡も落としてしまう。途方に暮れた姫は七日間泣き続け、石となったという。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 鍋島の化け猫。
  • 湿布…お札っぽい。
  • 犬走…犬走という姓は、佐賀県武雄市犬走が発祥の地とされる。
  • 河童のミイラ…伊万里市の松浦一酒造では河童のミイラと称されるものが祀られている

候補キャラ



  • 佐賀ディスられててワラタ
    ルーミアはもう京都で決まりじゃないかな -- (名無しさん) 2011-05-29 03:46:52
  • あれ?ヤマメは? -- (名無しさん) 2013-02-07 16:14:58
  • 一番上のコメントした人佐賀県の人に
    対して失礼だ -- (☆#) 2016-08-04 14:07:03
  • 確かに…俺は佐賀県人だ!
    一番上にコメした人失礼極まりない(断言) -- ((元)生徒会副会長) 2017-03-15 00:24:28
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。