熊本県

熊本県のページ(暫定)

ここは熊本県のページです
wikipedia:熊本県

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土
  • 「火の国」火山が多いことから
  • 肥後もっこす…熊本県民の県民性を指した言葉で、純粋で正義感が強く、頑固、またプライドも高く議論好きであるという。
  • 阿蘇山…正式名称は阿蘇五岳、火の国熊本のシンボルとも言える活火山。世界でも有数の大型カルデラと外輪山を持つ。また、付近では畜産業が盛んである。
  • カルデラ湖(阿蘇カルデラ)
  • 温泉…阿蘇山の火山活動の影響で周辺には温泉地が多く、阿蘇内牧温泉、阿蘇赤水温泉、垂玉温泉、地獄温泉、黒川温泉などがある。
  • 一心行の桜…熊本県を代表する山桜の名木。中村(峯)伯耆守惟冬は矢崎城を守備したものの、島津軍の侵攻を受けて落城、後に故郷峯村に戻り、戦没者を弔うために一心に行をおさめたという。惟冬の菩提樹がこの桜であり、一心行の桜と呼ばれるようになった。現在、惟冬の子孫により墓地と共にこの大桜は守られている。

産業
  • 日本初の紅茶製造地
  • 水産業…熊本は海苔の養殖、クルマエビの養殖が盛んに行われている。また、良質なアサリ、ハマグリの産地の一つである。

歴史
  • 相良氏…藤原南家の流れを汲み、鎌倉時代に人吉荘に所領を得た。室町時代には、肥後三郡を勢力圏におさめ、戦国時代には、相良晴広が分国法の制定や明などとの貿易によって勢力を拡大した。しかし、その子義陽は北上する島津氏の圧迫を受け、ついには阿蘇氏と争い、戦死(一説には、阿蘇氏家臣甲斐宗運との友誼を守るために戦死したという)してしまう。しかし、秀吉との交渉を担当した深水長智の活躍によって、相良氏は九州征伐、肥後国人一揆を生き延び、人吉藩として存続することに成功した。
  • 熊本城(桜の名所)
  • 西南戦争…1877年、西南戦争の際、薩摩軍は桐野利秋、篠原国幹らの指揮の下、熊本城を攻撃した。しかし、熊本城は、谷干城、樺山資紀、児玉源太郎、川上操六、奥保鞏など、後の政界、日清・日露戦争で活躍するそうそうたる面々が守備についていた。また、熊本城は築城の名手であった加藤清正の手による堅城であり、薩摩軍は熊本城を攻略することが出来なかった。

神社仏閣
  • 阿蘇神社…肥後国一宮であり、祭神は健磐龍命(タケイワタツノミコト)、阿蘇都比咩命など12柱。健磐龍命は阿蘇火山の神であり、阿蘇を開拓した阿蘇氏の祖ともされている。広大な社領を有していたが、豊臣秀吉の九州征伐の際に社領を没収された。その後、やや回復したものの往事の面影はなく、熊本に入った加藤清正、肥後藩主となった細川氏によって社領の寄進、社殿の造修が行われた。
  • 西巌殿寺(さいがんでんじ)…神亀三年(726)聖武天皇の帰依により開山、最栄読師一宇を創し西の巌殿と称した。古くから修験者の拠点として機能した。戦国時代には大友軍と島津軍の戦いにより、灰燼と貸したが、後に熊本を領有した加藤清正、細川藩によって再建され、信仰を集めた。
  • 藤崎八旛宮…熊本市にあり、応神天皇を主神としさらに神功皇后、住吉三神を祀る。935年に藤原純友の乱の鎮撫のために、岩清水八幡宮から勧請を行い創建されたとされる。社名は「幡」ではなく「旛」と書く。西南戦争により社殿が消失し、その後現在地に移転・再建された。
  • 出水神社…熊本市にあり、歴代熊本藩主が祀られている。初代藩主忠利の父忠興、祖父藤孝、またガラシャ夫人も祀られている。
  • 鰾大明神…ニベとは魚のことであり、かつて漁師が捕えた鰾を古麗(八代)城主に献上したところ、その腹から城主が以前海難に遭った時に紛失した家系図が出てきた。そこでその鰾を祀ったという。
  • 本村神社…熊本市にあり、味噌天神として知られる。元々は国分寺の味噌倉の鎮守であったという。また、国分寺の僧が食べる味噌に酸味が生じて困っていたところ、境内の笹の葉を味噌に挿すようにとお告げがあり、そのようにしたところ酸味が消えたとの伝承も伝わっている。

伝承
  • 山童(ヤマワロ)…山童は熊本県南部に伝承されている妖怪である。ヤマンモン、ヤマタロウ、セコなど幾つかの異名を持っている。子供ぐらいの背丈に褐色の肌、大きな頭、長い腕を特徴とするが、姿は見えないとする地方もある。春の彼岸から水の中で生活するようになり、秋の彼岸が来ると地上での生活に戻るという。この水に入っている状態を河童と呼ぶこともあるという。また、群れるとやかましく騒ぐ。金物を嫌う。
  • 真暗葬礼(まっくらぞうれ)…カッパは水中に引き込んだ人間の肝を葬式の火でいぶして食べるという。そのため、地方によってはそれを防ぐために蝋燭も提灯も点けずに葬式を行ったという。
  • 金平狐…球磨地方に伝わる狐の妖怪。深い空洞に棲む100歳を越える狐で、しばしば美女に化け、人を水の中に誘いこんで溺死させるという。また、自動車の上に狐が乗ると、突如運転が重くなるという。
  • 根子岳の猫…阿蘇市宮地の伝承。旅人が山中で屋敷を見つけ、一夜の宿をお願いすると美しい女性が「お風呂にしますか、お食事にしますか?」と問いかけてきた(それともわ・た・し?がない!)。旅人が風呂に入ろうとすると、旅人に可愛がられている三毛猫だという別の女性が現れ、風呂の湯につかると猫の毛が生え、食事を摂れば猫の体になると忠告してきた。旅人は忠告を聞き入れて逃げ延びたものの、その際に湯をかけられた手の甲には猫の毛が生えていたという。なお、その後三毛猫は行方不明になっていたという。
  • 天火…南関町などに伝わる天上より落ちてくる火のことで、流星とは異なるとされる。大きさは提灯ぐらいで尾はなく、屋根に落ちれば火事になるとされる。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 「火の国」
  • 二刀流で知られる宮本武蔵晩年の地(二天一流の師範家の所在地)
  • 熊本にラフカディオ・ハーンの旧家がある
  • 辛子蓮根…蓮根の穴に辛子味噌をつめ、衣をつけて揚げた蓮根料理。森平五郎が、病弱であった時の藩主細川忠利に健康増進食として献上したのが始まりとされる。
  • 地獄温泉(阿蘇郡南阿蘇村)


候補キャラ



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。