生存所得制度


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

別名

ベーシック・インカム(basic income)、最低限所得(minimal income)

意味・定義

大規模な定額給付金により、働かなくても生活できる社会を実現する制度。

目的

社会保障の効率化、生存権の保障など

目標

持続可能な給付額と財源のバランスをとる。

具体案


世帯単位・年間100万円
http://ameblo.jp/suehiro-swayrow/theme-10008784628.html