吉里吉里/tjs2解説

FizzBuzz問題とは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プログラムの有名な問題にFizzBuzz問題というものがあります
FizzBuzz問題
・1から順番に数を表示する
・その数が3で割り切れるなら"Fizz"、5で割り切れるなら"Buzz"、両方で割り切れるなら"FizzBuzz"と表示する
つまり"1 2 Fizz 4 Buzz Fizz 7 8 Fizz Buzz ・・・ 14 FizzBuzz 16 ・・・"と表示される
とりあえず1から100までやってみます

これは今までのif, whileと変数を使えば出来ます
それから剰余算演算子の%を使います
これは割り算をしたときの余りを出す為の演算子です
剰余算演算子%の例
0 % 3 = 0  3 % 3 = 0  10 % 5 = 0
1 % 3 = 1  4 % 3 = 1  13 % 5 = 3
2 % 3 = 2  5 % 3 = 2  16 % 5 = 1
無駄に例を出しましたが分かったでしょうか
割り算の余りです

また表示するのにSystem.inform();を使うのはウィンドウが何個も出て大変なので
Debug.message();を使う事にします
これは次項で紹介します

更新履歴

取得中です。