吉里吉里/tjs2解説

減算、乗算除算


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

減算演算子 -
左の数値から右の数値を引きます
System.inform(5-2);  // 3が表示される

+とは違って文字列の引き算は出来ません
System.inform("Hello World" - "World");
"Hello "が表示されて欲しいところですが、これは出来ません

ただし文字列が数値に変換できる場合は数値に変換されます
var i = "10" - "2";
System.inform(i);
// System.inform("10" - "2");でもOK
変数iに代入されるのは文字列"8"ではなく数値の8です

以下の演算子* / % \も同様に、文字列の計算は出来ませんが、変換できる文字列は変換されます


乗算演算子 *
左の数値と右の数値を掛け算します
System.inform(5*2);  // 10が表示される


除算演算子 /
左の数値を右の数値で割り算します
System.inform(5/2);  // 2.5が表示される


剰余算演算子 %
左の数値から右の数値を割り算した余りを出します
System.inform(5%2);  // 1が表示される


整数除算演算子 \
左の数値から右の数値を割り算します
ただし小数点以下は切り捨てられて結果は整数になります
System.inform(5\2);  // 2.5の.5が切り捨てられて2が表示される
整数除算とありますが、少数の計算も出来ます
結果が整数になるというだけです
他の演算子などでもですが、少数は整数と同じ数値として扱われます
System.inform(6.8/0.5);  // 13が表示される


演算子はいくつでも繋げられます
System.inform(1 + 3 * 5 - 3);// 13が表示される
% / \ *のほうが+ -より優先順位が高いので先に計算されます
よって3*5が先に計算されて15になり、1+15-3では左にある1+15が次に計算されます

System.inform( (1+3) * (5-3) );// 8が表示される
()をつけると、その部分が先に計算されます
最初に1+3の部分が計算され、次に5-3が計算されます
その後に4*2が計算されます

更新履歴

取得中です。