吉里吉里/tjs2解説

同定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページの演算子の結果は論理値になります
真と偽のことです
真と偽については後で詳しくやります


等価演算子 ==
左と右の値が等しければ真、等しくなければ偽になります
KAGでも使ってきたはずなので分かると思います

if(10 == "10") {
    System.inform("真です");
}
文字列と数値の場合は、文字列が数値に変換できれば変換されます
変換した結果同じ数値だったら真になります

文字列を変換できない場合は偽になります
if("はにゅーん" == 1) {
    System.inform("ここは表示されない");
} else {
    System.inform("偽です");
}

文字列同士での比較は出来ます
if("ぷえー" == "ぷえー") {
    System.inform("真です");
}


非等価演算子 !=
左と右の値が等しくなければ真、等しければ偽になります
==の真偽が逆になった演算子です

if(4 != 9) {
    System.inform("真です");
}
4と9は違うので結果は真になります
文字列と数値だった場合は==と同じように変換されます

文字列と数値、文字列同士の比較も==の真偽を逆にしたものになります
// 文字列と数値
if(10 != "10") {
    System.inform("ここは表示されない");
} else {
    System.inform("偽です");
}

// 文字列同士
if("ぷえー" != "ぷえー") {
    System.inform("ここは表示されない");
} else {
    System.inform("偽です");
}


厳密な等価演算子 ===
=が一つ増えています
基本的には==とおなじですが、文字列を数値に変換しません

if(10 === "10") {
    System.inform("ここは表示されない");
} else {
    System.inform("偽です");
}
==では数値の10と文字列の"10"は同じものと見られましたが、===では文字列と数値は別のものと見られます
よって10 === "10"の結果は偽になります

if("10" === "10") {
    System.inform("真です");
}
どちらも文字列の"10"(もしくは数値の10)ならばその結果は真になります
文字列同士、数値同士の比較は==と同じです


厳密な非等価演算子 !==
===の真と偽が逆になった演算子です

if(10 !== "10") {
    System.inform("真です");
}
数値と文字列は違うものと見られるのでこれは真になります
文字列同士、数値同士の比較は!=と同じです

更新履歴

取得中です。