吉里吉里/tjs2解説

&&でFizzBuzz


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

// &&を使ってFizzBuzz

for(var i = 0; i < 101; i = i + 1) {
    if (i % 3 == 0 && i % 5 == 0) {
        // iが3と5で割り切れたらFizzBuzzと表示
        Debug.message("FizzBuzz");
    } else if (i % 3 == 0) {
        // iが3で割り切れたらFizzと表示
        Debug.message("Fizz");
    } else if (i % 5 == 0) {
        // iが5で割り切れたらBuzzと表示
        Debug.message("Buzz");
    } else {
        // 割り切れなかったらiをそのまま表示
        Debug.message(i);
    }
}
「3と5で割り切れる」というのは「15で割り切れる」という事と同じだったのでそちらの条件を使っていましたが
3と5で割り切れるという条件を使って書いています
i % 3 == 0 && i % 5 == 0
で「iを3で割った余りが0」かつ「iを5で割った余りが0」となっています
つまり3と5で割り切れるときに真となります

更新履歴

取得中です。