※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

謎の島

日本全国47都道府県を占領すると浮上する、謎の島
まるで弱い生き物の形をした本島を中心に、3つの小島がそれぞれ北海道、石川県、長崎県と繋がっている
出てきた瞬間「またかよ・・・」とつぶやいた人も多いかも


環境

特徴は「地面防衛失敗地域」
防衛時に弱い生き物が降ってきて、放っておけばどんどん敵の数が増えてしまう
はやくやっつけたほうがいいでしょう
自分がやるときには弱い生き物は降って来ません
中には「ひどいだろ・・・」といったひともいるかも・・・
建物は「培養地」
1日あたりなんと15匹の変な生き物が生まれる
早く倒さないとカビみたいにどんどん広がっていきそうな感じ


ユニット

弱い生き物
まずは体当たりで攻撃する近接攻撃ユニット「弱い生き物」
防御、攻撃とともに弱い
放っておけば自然に倒れている
これが降ってくると厄介で鬱陶しいのだが・・・

固い生き物
そして次に同じく体当たりで攻撃する近接攻撃ユニット「固い生き物」
防御が高く、地の術とあわせると狙玉でも4ダメージしか食らわない

痺れる生き物
一番厄介と思われる間接攻撃ユニット「痺れる生き物」
都道府県大戦では大幅に強化されており、数が多いとまるで死ぬまで途切れることのないレーザーのよう
早めに倒さないと大打撃間違いなし
(防御力と耐久力は剣玉と同じ)

ボスな生き物
おなじみ、地面防衛軍ででてきた強力な存在
しかし、今度は衝撃波による強力な範囲攻撃で攻撃してくる
大玉でもその衝撃波で204ダメージ食らったことがあり、チームワークが試される


戦略

防衛
防衛時には建物でも「県壁」「県砲」「病院」「捕虜収容所」「洗脳施設」などあったほうがいい
騎玉25体をもってしても変な生き物25体で攻められると被害0とはいえない
近接攻撃ユニットでがっちり侵攻を防ごう
しかし、近接だけでもだめなので、狙玉や火玉など、間接攻撃で援護させるのもいい
特に火玉は範囲攻撃、狙玉は回避不能な攻撃なので役に立つ
お金に余裕があるなら狙玉、ないなら火玉にしよう

侵攻
こちらが攻める時は弱い生き物の雨もある
援護は必須
最終手段としては大玉25体+戦術の風で相手の最終ラインまで突っ込めばOK
然し、大玉を使わなくてもボスな生き物を負かすことができる・・・

ボス
本島には最強兵玉、ボスな生き物がいる
その耐久力は10000あり、大玉のなんと5倍
集中砲火で体力をどんどん削らないと、倒す前に倒されてしまう


戦術

色んな術を使ってくる
火の術を使ったこともあり、まるで分からないが
闇の術と煙の術だけは見たことないが、総合コメントで「闇の術を使うところを見た」という報告があった
壁の術は県壁を使わないので当然使わないが、時々聖の術を使うこともある
聖の術を使うときは決まって、自分たちのユニットの数が最初にいたユニットの数の2割になったら使う
だから25匹で攻めた時は5匹になったら、15匹だったら3匹、10匹だったら2匹になったら聖の術を使うのである


おまけ

毎日の収入は200円、しかし、元々軍資金が99999円(満タン)なのでそれ以上増えることはない
また、自らユニットを雇うのではないので、資金が減ることもない
時々増えていたりするのは、本島からの援助