トップページ > ZOHO > CRM


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CRMを3ユーザ無料で | Zoho CRM(ゾーホーシーアールエム)
コメント:すごい便利。何よりデータベースサービスでは、圧倒的に安い。


使いかた


公式ブログなど




カスタム項目の編集>数式

ルール

大文字と小文字は区別される。
○if
×if

具体例

日時Aと日時Bのうち、大きい方を表示する。
If(Datecomp(${Contacts.日時A},${Contacts.日付B})>0,${Contacts.日時A},${Contacts.日時B})


表示項目の変更

具体例1:「取引先情報 」を開いたときに表示される「連絡先」の項目を変更したい。

解決策:設定>「関連リスト」>タブリストの「連絡先」を変更する。
 ただし、有料機能。

具体例2:




API


たとえば、エクスポート機能。
ZOHO CRMは、エクスポート機能があまり充実していない。全部ダウンロードしかない。
しかし、APIを活用すれば、条件により絞りこんだレコードのみをエクスポートできそう。






全てリードタブでの説明になっているので、取引先タブでやってみる。

手順(APIキー発行後)

1.チケットIDというものを取得する。
https://accounts.zoho.com/login?servicename=ZohoCRM&FROM_AGENT=true&LOGIN_ID=[Zoho サインイン名 またはメールアドレス]&PASSWORD=[パスワード]

2.

http://crm.zoho.com/crm/private/xml/Accounts/getSearchRecords?apikey=[API key]&ticket=[Ticket]&newFormat=[1]&selectColumns=[]&searchCondition=[]