トップページ > 語学 > 英語 > コロケーション(連結語句,連語)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2011-02-16

■目次

コロケーションとは

定義

collocation(コロケーション)というのは文法用語で、
ある単語と単語の”よく使われる組み合わせ、自然な語のつながり”のこと。
”連結語句,連語”などと訳されています。
日本語で説明すると、
例えば ”辞書”という単語なら”辞書を引く,辞書で調べる,分厚い辞書”といった繋がりが連想されます。
でも普通、”辞書を読む”などとは言いませんよね。
引用元: コロケーションとは? 英語豆知識ノート

中学・高校の先生から"コロケーション"という言葉を聞いた覚えはないかも知れないが、非常に重要。
特に英作文のときに役立つ。コロケーションの辞典も複数出版されているので、一冊は持っておくべき。高いものから安いものまで値段は様々。

練習問題リスト(無料)

Collocation Exercises
 コメント:ページ左側の「Collocations 1」などをクリックすると、問題のリストがある。
 英語サイト Better English Lessons (Caroline and Pearson Brown) より。



大学受験用参考書など

『コロケーションで覚える英単語―大学入試 (LONGMAN Vocabulary Series) 』LSC研究会 (著), 金谷 憲 (監修)

価格も高校生向け。882円。







コロケーション辞典

『ケンブリッジ実用コロケーション 中級編 』『English Collocations in Use Intermediate (Face2face S.)』


『ケンブリッジ実用コロケーション 中級編 』Michael McCarthy (著), Felicity O’Dell (著), 武田 修一 (翻訳) 2300円。
English Collocations in Useの日本語版。頻繁に使われる連語(コロケーション)をテーマごとに分類、解説。
引用元: ELT - ケンブリッジ大学出版局
amazonのレビューによれば、英語版よりも詳しいとのこと。



『English Collocations in Use Intermediate (Face2face S.)』 Michael McCarthy, Felicity O'Dell: 洋書
『ケンブリッジ実用コロケーション 中級編 』の原著。



『プログレッシブ 英語コロケーション辞典』

塚本 倫久 (著), Jon Blundell   2,520円。
コーパス(コンピュータに蓄積された大量の自然言語データベース)を用いて、日本人学習者がこれだけは知っておきたい使用頻度の高いコロケーションを厳選してわかりやすく表にしました。
引用元: プログレッシブ 英語コロケーション辞典 | 英米語 | 事典・図鑑・語学・辞書 | 書籍 | 小学館






『新編 英和活用大辞典―英語を書くための38万例』

市川 繁治郎 (編集), David Dutcher (編集), Stephen Boyd (編集), 沢村 灌 (編集)

本格的な一冊。お値段も本格的!16,800円!
この価格にも関わらず、レビューが沢山ついていて、高評価。
CDROM版だともう少し安い。1万円ちょっと。










『Oxford Collocations Dictionary For Students of English』

Colin McIntosh, Ben Francis, Richard Poole: 洋書







『The BBI Dictionary of English Word Combinations: Your Guide to Collocations and Grammar』


定評があり内容的には信頼がおけるが,簡潔すぎる記述がちょっと物足らないかもしれない。その代わり句用例が豊富である。
引用元: 英語教師の七つ道具

書名の"BBI"は著書三人のイニシャルです。
引用元: 辞書/事典ア・ラカルト: コロケーション辞典 - K-TAN's Website




その他

『コロケーション徹底演習〈1〉』

古澤 寛行 (著), カービー レコード (著), 小宮山 浩光 (著), Kirby Record (著)








ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -