トップページ > 語学 > 英語 > TOEIC対策 > TOEIC体験記 > 2007年


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2011-02-16 ここを編集
■目次
■本文

2007年

2006年に引き続き、キム本『新TOEICテスト一発で正解がわかる』を元に作った単語カードを覚える。

『1日1分レッスン!新TOEICTest』中村澄子(著)を解く。

テスト1週間前に、公式問題集を一冊やってみる。
(解いて、間違った問題の答えを見た程度。単語の暗記まではやっていない。)

TOEIC受験。
 ↓
英語を全く使わない職場にて勤務決定。
 ↓
その後、TOEIC 785点だったと判明。




200点アップの振り返り

2006年から10ヶ月ぐらい1日1時間以上、英語に触れていたのがでかかった。
英文に対する恐怖感はなかった。
あと、単語力は、かなり増強されていたはず。

一方で、TOEIC対策が少し甘かった。
公式問題集も1冊を1回といて、間違った分を1回復習しただけ。

公式問題集を3冊全部こなし、そこに出てきた単語もきちんと暗記するなど
TOEIC対策をもっとやれば、800点を突破できたのではないか。






ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -