トップページ > 健康 > 放射線対策


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2011-10-07


■目次
■本文
現在進行中の福島原発の事故など、原発で事故が起こった場合には、どう対処すべきか。


1.基礎


原発から出る放射性物質の種類

原子炉が運転されると燃料のウランは核分裂します。核分裂に伴って、生成された物質を「核分裂生成物」といいます。この核分裂生成物には、ゼノン、クリプトンの放射性希ガスのほかに、放射性のヨウ素・セシウム・ストロンチウムなどがあります。



2.身体に放射性物質を入れない、触らない

ゴーグルや帽子、レインコートの着用は、肌の露出を少なくできるので、放射性物質の体への付着を防ぐのに効果があります。



レインコート


ゴーグル

花粉症用のゴーグルがそのまま使える。

マスク

手袋

帽子



3.身体に放射性物質が入っても健康被害を弱める

30km圏外で身体に入る可能性が高いのは、ヨウ素、セシウム、ストロンチウムの3つ。

ヨウ素

別ページ にまとめた。

セシウム

身体に入ったことが確実であれば、放射性セシウム体内除去剤「ラディオガルダーゼ」というものがある。医師に処方をお願いすることになる。
関係ページ:[日本メジフィクス内 PDFファイル>http://www.nmp.co.jp/news/pdf/20101104.pdf]]

ストロンチウム

対処方法がみあたらない。



自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)

放射線被ばくによる健康影響とリスク評価
amazon plugin Error : amazonから商品名データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、text=(文字列)パラメーターを利用することで、商品名データを取得せず表示することができます。



ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -