トップページ > ビジネス > 睡眠時間


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-02-10
理想は1日7時間。(それ以上長いのもだめ)
頑張れば、男なら平日4時間半、女なら5時間まで睡眠時間を削れそう。




■目次
■本文

忙しい中で、いかに能率を下げず、かつ健康的に睡眠時間を削るか。

参考文献にしたい文献

被験者の属性

  • 20代~50代

限定した理由:一定年齢を超えると、睡眠パターンが異なると考えられるため。
年齢が増すほど睡眠時間が長くなる傾向がある。

除外:妊婦、既に疾患がある人

研究目的

  • 健康阻害を引き起こす睡眠時間の下限値(ただし不眠除く)
  • 作業能率

肉体的健康の阻害要因になる睡眠時間

睡眠時間と死亡率:7時間が最も低い






精神的健康の阻害要因になる睡眠時間

睡眠時間と欝:7時間が最も低い

原文見当たらず。
睡眠時間が短すぎても、長すぎても、うつ状態が強くなる――。こんな結果
が日本大学医学部の兼板(かねいた)佳孝・専任講師(睡眠疫学)らの研究
で浮かび上がった。
(中略)
20代~70代以上のすべての年代で、睡眠時間が7時間台の人たちのうつ状態の点数が最も低い健康的な状態だった。それより睡眠時
間が短くても長くても、点数が高くなる傾向がみられた。


一日4時間睡眠が4日間続くと、精神状態悪化につながる。

1993年、チューリッヒ大学の研究室が行なった実験では、1日4時間の睡眠を4日間続けると、成長ホルモンを分泌させる「ノンレム睡眠」は維持されるものの、心のメンテナンスに必要な「レム睡眠」がやや減ってしまうことが明らかになった。だが、その不足分は1日だけ通常の長さの睡眠を取れば回復できる、と結論付けられている。
引用元: NEWSポストセブン|睡眠時間 月~金4時間半、土日どちらか7時間半で不眠症克服

チューリッヒ大学で睡眠で有名な教授は、アレクサンダー・A・ボルベイという人らしいが、この人の研究だろうか。
Sleep Research Zurich - Prof. Dr. med. Alexander Borbély
5)2 覚醒と睡眠、そして夢




睡眠と記憶


[[和文標題:発達と学習 睡眠と記憶に関する近年の知見
著者名:鈴木博之 (国立精神・神経セ 精神保健研), 鈴木博之 (日本大 医 社会医学系 公衆衛生学分野)
資料名:精神保健研究 >http://jdream2.jst.go.jp/jdream/action/JD71001Disp?APP=jdream&action=reflink&origin=JGLOBAL&versiono=1.0&lang-japanese&db=JMEDPlus&doc=09A0411072&fulllink=no&md5=9a0e378595f6878a81988ac0b8eb48b7]]

睡眠と作業効率

3時間で視覚関連の作業のミスがかなり増加。

ネタ元が怪しいので、表現も曖昧。

1965年、アメリカのフロリダ大学の教授が行なった実験で、1日3時間以下の睡眠を何日も続けると、視覚関連の作業でかなりミスが増えてしまうことが明らかになった。
NEWSポストセブン|睡眠時間 月~金4時間半、土日どちらか7時間半で不眠症克服








ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -