トップページ > windows > microsoft office > EXCEL > ショートカットキー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ショートカットキー(わすれがちなもの)

ctrl+ Ctrl+Shift+
0(ゼロ) 列非表示 列非表示
1 セルの書式設定 書式設定(桁区切りスタイル)
3   書式設定(日付表示)
5 取消線の設定/解除 書式設定(パーセンテージスタイル)
9 行非表示 行再表示
 " (ダブル クォーテーション)   アクティブ セル(編集中のセル)の 1 つ上のセルの値をアクティブ セルおよび数式バーにコピーする。
 : 現在の時刻を入力 アクティブセルを囲むデータ範囲を選択
(スペース) 行選択(ただし、IMEが英数字のとき)


alt + alt + shift+ 備考
= オートsum (かな入力だと、"="ではなく、"-"のため、ショートカットが上手く働かない。)
; 選択範囲で非表示でないセルを選択

ctrl+Alt+
Tab 選択しているセルをインデントする



#列幅を自動調整する
(ダブルクリック以外で)
自動調整したいセルを選択
Alt、O、C、A
(オー)
[書式(O)]-[列(C)]-[選択範囲に合わせる(A)]


#シートを削除する
Alt 、E 、L

#関数を入力する
shift、「F3」

# 分割したウィンドウ間をキー操作で移動する
[F6]:時計回り
[Shift]+[F6]:反時計回り

■ショートカットキーをふやす

デフォルトでは無効になっているショートカットキーを有効にする方法

新しく自分だけのショートカットキーを設定する方法

作成したマクロにショートカットキーを割り当てる

方法1:作成後のマクロにショートカットキーを。

方法2:マクロの作成時点で、ショートカットに加える内容をつけておく。

「Caption プロパティ」に設定します。設定している文字列中に「&」とアルファベットを 1 文字指定することショートカットキーを設定できます。

関連

EXCELを使っていて不便に感じていた問題を解消するために開発した、追加すると便利なショートカット機能を紹介








ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -