トップページ > 健康 > 放射線対策 > ラドンとラジウム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2011-11-08

東京都世田谷区で放射線量の高い場所が「ラジウム226」が入ったビンが見つかった。
福島原発由来の放射性物質でなくてよかったと安心した一方、世の中にあるラジウム温泉やラドン温泉は大丈夫なのか。安全なのか。
本当に健康にいいのか。心配になって調べてみた。

調べた限りの結論としては、効能よりは害がある可能性の方が高い。
空気を吸い込まない方が良さそう。
喫煙者は特に。


■目次
■本文
ラドンの危険性については、同位体レベルで論じているものと、ラドンという大きな枠で論じているものが混在している。

ラドン(Rn)とは

ラジウムから生まれる
(中略)
無色無臭の気体で希ガスの中で最も重い元素である。安定同位体は存在せず、すべて放射性同位体である。
(中略)
ラドンの同位体には特に名前が付いているものがある。222Rn を狭義にラドン、220Rn をトロン(thoron、記号 Tn)、219Rn をアクチノン(actinon、記号 An)と呼ぶ。ラジウム、トリウム、アクチニウムの壊変によって得られることに由来し、それぞれ別の気体と考えられていた頃の名残である。
引用元: ラドン - Wikipedia

222Rnとは

ラドン(元素記号Rn)の放射性同位元素の一つです.
 (中略)
222Rnの場合は出発点は地球ができた頃に地殻に含まれていた放射性物質ウラン(元素記号U),238Uが出発点です.ウラン238は半減期が45億年もある放射性同位元素です.地球の誕生の頃あったウラン238の一部は,放射線を出すごとに別の種類の元素に転換し,その長い壊変系列の途中でラジウム226(226Ra)を経て222Rnができます.
引用元: ラドン222(222Rn)について

222Rnと「ラドン温泉」

いわゆる「ラドン温泉」は222Rnが関係しています.
引用元: ラドン222(222Rn)について

222Rnの危険性

WHO の下部機関 IARC より発癌性があると (Type1) 勧告されており、土壌に含まれるラドンが地下室に蓄積することなど、危険性が指摘されている。
引用元: ラドン - Wikipedia

未精査



ラドン温泉

ごく通常のラドン温泉療養については健康障害を心配する必要はないと思われる。
引用元: ラドン温泉と健康 (09-02-07-10) - ATOMICA -

温泉に関わる基礎知識

マッヘ単位(mache unit)

空気や温泉水などに含まれる222Rn(ラドン)や220Rn(トロン)の放射能濃度単位。1リットルの空気や温泉水に毎秒10-3静電単位(esu(ただし3×109esu=1クーロン(C))のラドンなどからの放射線エネルギー吸収があったとき1マッヘという。1マッヘは13.3Bq/リットルのラドンあるいは11.7Bq/リットルのトロンに相当する。1930年国際ラジウム標準委員会によって定義されたが、今日では公式には使われていない。温泉中の放射能濃度を表わす単位として通俗的に用いられている。
飲用元: ラドン温泉と健康 (09-02-07-10) - ATOMICA -

ラドン含有温泉所在地

全国の鉱泉中のラドン含有量は、1913年(大正2年)より当時の内務省衛生試験所によって「泉効計」という機器を用いて、精力的に調査された。泉効計で測定した結果は、マッヘ(mache)という単位で表される。当時の調査の結果、増富鉱泉(山梨県)の11732マッヘ(=160728Bq/リットル)を最高に、池田鉱泉(島根県)の4251マッヘ(=58238Bq/リットル)、恵那ラジウム鉱泉(岐阜県)の411マッヘ(=5628Bq/リットル)、柿ノ木鉱泉の 239マッヘ(=3275Bq/リットル)、銚子ガ淵鉱泉(岐阜県)の235マッヘ(=3216Bq/リットル)、三朝温泉(鳥取県)の176マッヘ(=2412Bq/リットル)が得られている。
引用元: ラドン温泉と健康 (09-02-07-10) - ATOMICA -

三朝温泉(鳥取県)


放射能泉のうち、温泉(泉温25度以上)に該当するのは三朝温泉だけであり、他は冷鉱泉である。したがって、いわゆる「ラドン温泉」としてラドン含有量が最も高いのは、三朝温泉ということになる。三朝温泉における近年の調査では、泉水中のラドン濃度として683.3マッヘ(=9361Bq/リットル)が得られている。
引用元: ラドン温泉と健康 (09-02-07-10) - ATOMICA -




世界のラドン含有温泉所在地

イタリアのLacco Ameno温泉の 37222Bq/リットル、ギリシャのTherma温泉の10138Bq/リットル、ドイツのBrambach温泉の30262Bq/リットル、オーストリアのラドン吸入治療・保養地として有名なBadgasteinの4400Bq/リットル等がある。
引用元: ラドン温泉と健康 (09-02-07-10) - ATOMICA -


ラドン温泉の周辺住民への影響

三朝温泉

高濃度のラドン吸入被ばくにより、染色体異常や肺がんの発生率増加が懸念されるが三朝(みささ)温泉地域住民の疫学的調査ではそのような増加は観察されていない。
引用元: ラドン温泉と健康 (09-02-07-10) - ATOMICA -


『放射線および環境化学物質による発がん―本当に微量でも危険なのか?』(医療科学社) という本の対談のページ(p237)には以下のように発言している学者がいます。
甲斐倫明:ラドンの健康影響,つまりプラスの健康影響の論文(Mifune M, et al. Jpn J Can Res.1992; 83: 1~5.)は,三朝温泉地区で,標準化死亡比(年齢構成の異なる集団の死亡率を比較するために,標準的な年齢構成に合わせて計算した期待死亡数に対する実際の死亡数の比)で見た全がんが有意に低いと報告しました.このとき,肺がんの相対リスクは有意ではなく,むしろ胃がんの相対リスクが有意に低いとされました.この論文は,ラドンのプラスの健康影響を示す論文としてときどき引用されることがありますが,注意する必要があります.なぜなら,同じ研究グループが調査期間や方法を変えて調べたところ,全がん発症率に有意な傾向は認められていません(Ye W, etal. Jpn J Can Res. 1998; 89: 789~796.).なぜ異なる結果となったかについてですが,最初の論文ではラドンの被ばく地域の設定や死亡数データの問題点などが指摘されています.また,肺がんに注目したケースコントロール(症例対照)研究においてもラドンレベルの高い地域とそうでない地域との間に有意な傾向は認められませんでした(Sobue T, et al. J Radiat Res. 2000; 41: 81~92.).三朝温泉地区のラドンの一連の研究からは,少なくとも現時点では,ラドンが発がん率を有意に減らすというデータは得られていないといっていいのではないかと思います.
引用元: 医療科学社の本を探す  『放射線および 環境化学物質による発がん─本当に微量でも危険なのか?─』編著:佐渡敏彦,福島昭治,甲斐倫明  10章 発ガンリスクをめぐる諸問題



未分類


ラドンと健康

ラドンと健康法

ラドン温泉以外の健康法はどうなのか。

ラドン吸入の効能と危険性

ラドン吸入療法は、経験的・伝統的な民間療法であり、その効能については充分な科学的根拠に乏しい。
引用元: ラドン温泉と健康 (09-02-07-10) - ATOMICA -

最近のヨーロッパでの主要研究の統合解析によると、肺癌の危険性はラドン濃度が100Bq/m3 上昇する毎に16%増加すると推定されている。放射線量と反応の関係は、閾値のない直線関係であるといえる。つまり、肺癌の危険性の増加はラドンへの被曝の増加に比例する。
同様の研究の結果から、非喫煙者が0Bq/m3、100Bq/m3、400Bq/m3 のラドン濃度に被曝すると、75 歳までの肺癌の発生率は1000 人に対しそれぞれ4 人、5 人そして7人程度である。しかしながら、喫煙者の場合は肺癌の発生率はその25 倍、つまり1000 人に対してそれぞれ100、120 人、160 人となる。ラドン誘発性肺癌症例のほとんどは喫煙者に発生している。
引用元: WHO(世界保健機関)WEBサイト内 概要書(ファクトシート) No.291 2005 年6 月 ラドンと癌 (PDFファイル)

ウラン鉱山労働者の疫学調査等によって高濃度ラドンの吸入により肺がん発生率の増加が観察されている
引用元: ラドン温泉と健康 (09-02-07-10) - ATOMICA -

ラドンは、発癌性のある放射性ガスである
ラドンは、全米で毎年何千名もの肺がん死を引き起こすと推定されています。実際、公衆衛生局長官はラドンはタバコに次ぐ肺がんの主要な原因であると警告しました。あなたが煙草を吸い、そして、あなたの家のラドン・レベルが高いのであるならば、あなたの肺がんリスクは特に高いです。
(中略)
どんなラドンの曝露でも、ある程度肺癌を引き起こすリスクがあります。ラドン・レベルが低ければ低いほど、あなたの家族の肺癌リスクは低くなります。
引用元: ラドン低減に関する消費者ガイド 米国環境保護庁の纏めた消費者ガイドラインを翻訳したもの 厚生労働科学研究費補助金事業(主任研究者:鈴木元)の一環 (PDFファイル)

アメリカ合衆国における肺がん死亡の12%は、室内空気中のラドン(ラドン-222およびその短寿命崩壊生成物)によるものであると推定している(US NAS, 1999)。これに従えば、主として喫煙による年間の全肺がん死亡者数約160,000人のうち約19,000人(15,000~22,000人の範囲)は、ラドンに起因している。
引用元: WHO飲料水水質ガイドライン 第3版 9241546387_jpn.pdf (application/pdf オブジェクト)


ラドン入りの水を飲む


年間の全肺がん死亡者数約160,000人のうち約19,000人(15,000~22,000人の範囲)は、ラドンに起因している。
US NAS(1999)では、飲料水中のラドンによる被ばくのリスクは、上記の約100分の1(すなわち、年間死亡者数183人)であると報告している。室内空気中のラドンに起因する肺がん死亡者数19,000人に加えて、さらに160人が、家屋内で用いる水から放射されるラドンの吸入によるものと推定された。比較までに、年間肺がん死亡者数のうち約700人は、野外で自然レベルのラドンによる被ばくによるものとされている。
また、US NAS(1999)は、溶解性ラドンを含む飲料水に起因する胃がんのリスクは、アメリカ合衆国のその他の原因での胃がんによる年間死亡者数13,000人に比べて、推計値約20人と極めて小さく評価している。

9.5.3 飲料水供給におけるラドンについてのガイダンス
飲料水供給のラドン濃度が100Bq/Lを超える場合には制御するべきである。どのような新規の飲料水供給でも、供用開始前に試験を行うべきである。もしラドン濃度が100Bq/Lを超えていれば、ラドンレベルが100Bq/Lよりも十分に低くなるように浄水処理を行うべきである。
引用元: WHO飲料水水質ガイドライン 第3版 9241546387_jpn.pdf (application/pdf オブジェクト)

地下水に由来する飲料水中のラドンによるリスクは、全吸入ラドンによるリスクに比べて一般に低いが、溶存ガスの摂取と、放出されたラドンおよびその娘核種の吸入の双方により被ばくするので、そのリスクは明白である。
引用元: WHO飲料水水質ガイドライン 第3版 9241546387_jpn.pdf (application/pdf オブジェクト)

飲料水について、2004 年のWHO 飲料水の水質ガイドラインと欧州委員会(the European Comission)は、公共の飲料水のラドン濃度が100Bq/L を超える場合は、繰り返して計測するなどの管理を行うべきであると勧告している。アメリカ合衆国では、個人への水供給について、ラドンの最大汚染濃度を150Bq/L にするように提案している。公共あるいは商業的な水供給について、欧州委員会はラドン濃度が1000Bq/L となった場合、改善措置がとられるべきであると提言している。水道水のラドン濃度が1000Bq/L となると室内の大気のラドン濃度は100~200Bq/m3 となり、上述の屋内のラドンの限界濃度に相当するようになる。
引用元: WHO(世界保健機関)WEBサイト内 概要書(ファクトシート) No.291 2005 年6 月 ラドンと癌 (PDFファイル)


日常生活におけるラドン被曝

欧米では1970年代以後に一般家庭でのラドン被曝の影響が議論されるようになった。時には、ウラン高山周辺に近い高濃度になる。日本でも、この問題に対する対応が進みつつある。
コンクリートから放出されるラドンが注目されがちであるが、実際は土壌から放出されるものが重要である。床下では高濃度になり、木造家屋でも注意が必要で、換気を十分にして、被曝を軽減できるであろう。
国連科学委員会は、ラドン濃度を40ベクレル/m3、短寿命放射能との平衡達成率を0.4と想定した時のラドンによる年間実効線量は1.0ミリシーベルトと評価している(この値には±30%程度の誤差があると考える方がよい)。
アメリカ環境保護庁は、室内ラドン濃度をできれば75ベクレル/m3以下に下げることを勧告している。アメリカなどでは、不動産取引の際のラドン濃度の測定が義務付けられている。
短寿命のトロンとその崩壊生成物による被曝は、ふつうの場所では大きくない。
引用元: 原子力資料情報室(CNIC) - ラドン-222

日本の住宅におけるラドン被曝の現状

我が国では、WHOの参考レベルである100 Bq/m3 を超す家屋の割合は、0.1% と推計されます。
引用元: 国立保健医療科学院 WEBサイト内 我が国の屋内ラドン濃度

全国3900家屋を対象にラドン・トロン・パッシブ分別測定器を使って屋内ラドン濃度を春夏期と秋冬期に分けて測定しました。
(中略)
屋内ラドンの算術平均値と標準偏差は 15.2 ± 17.0 Bq/m3 でした。また、季節変動調整後の算術平均値と算術平均値は、14.3±14.7 Bq/m3 でした。
引用元: 国立保健医療科学院 WEBサイト内 我が国の屋内ラドン濃度

屋内ラドン濃度の地域差,家屋差を推定するため,ガラス繊維フィルタで収集した7000軒以上の内空気中娘核を,ポリカーボネートフィルムエッチピットより算定した。最終的に5718軒のデータが私用可能となり,年間平均値は20.8Bq/m3,中央値は16.0Bq/m3と算定された。国連科学委員会2000年報告書に基づいて求めた本算定値よりの推定実効線量は0.59mSvであった。家屋別ではコンクリート製が木造より20%程度高く,最高値は沖縄のコンクリート製家屋であった。
引用元: 全国屋内ラドン濃度マッピング 著者名:藤元憲三 (放医研)資料名:NIRS-M (Natl Inst Radiol Sci)  jdream2回答表示


日常生活におけるラドン対策

室内の大気中のラドン濃度を減少させるには床や壁の割れ目を塞ぐことから、建物の換気率を上げることまで、様々な方法がある。家庭内に蓄積されたラドンの量を減らすには、基本的に5 つの方法がある。
• 家の通気性を改善し、ラドンが地階から生活する部屋の中に上がってくるのを防ぐ
• 床下の通気性をよくする
• 「ラドン溜め」のシステムを基礎に設置する
• 床・壁を密封する
• 陽圧または陽電式換気システム(Positive supply ventilation system)を設置する
引用元: WHO(世界保健機関)WEBサイト内 概要書(ファクトシート) No.291 2005 年6 月 ラドンと癌 (PDFファイル)





ラドンは健康に良い派

ラドンは健康に良いと主張する人もいます。
ラドン関連商品を販売しているWEBサイトを挙げるとキリがないので一部だけ。

東京電力などの電力会社グループ(電力中央研究所)



個人の論文




ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -