トップページ > ビジネス > 資格 > 会計


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-02-06
(簿記、ビジネス会計、税理士、会計士、ファイナンシャルプランナー、証券アナリスト)


■目次
■本文


全体像(簿記、ビジネス会計検定試験、税理士、公認会計士、米国公認会計士、ファイナンシャルプランナー、証券アナリスト)


簿記(日商簿記、全経簿記、全商簿記)


ビジネス会計検定試験


税理士


公認会計士


ファイナンシャルプランナー(FP技能検定,AFP,CFP)


証券アナリスト

日本証券アナリスト協会の「証券アナリスト教育・試験制度」は、証券(株式、債券、デリバティブなど)の分析・評価に必要な専門的知識と技術の普及を目的としており、通信教育講座による体系的な指導を行い、講座終了後、試験を実施して学習成果を認定するものです。講座および試験は、基礎的な知識と分析力の習得を目指す第1次レベルと、より高度の知識と実務的応用力の修得を目的とする第2次レベルに分かれています。第2次試験まで合格し、実務経験3年以上の入会要件を満たしている方には、日本証券アナリスト協会に検定会員(CMA®)として入会する資格が付与されます。
講座・試験 | 日本証券アナリスト協会

2次試験に合格しても、3年の証券分析業務の実務経験(試験前、試験後問わず)がないと日本証券アナリスト検定会員の資格は与えられません。そのため、基本的に学生時代には取得しにくい資格です(試験の合格は可能)。最短でも試験2年+実務経験3年は必要ですが、金融業界での評価は高い。
証券アナリスト 資格ガイド 年収・難易度・試験・独学・合格率



ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -