トップページ > ビジネス > 公認会計士 > 監査法人 > 新日本有限責任監査法人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-01-09



■目次

監査法人で国内最大手の新日本監査法人は、所属する公認会計士と会計士試験合格者を対象に400人の早期希望退職を実施する方針を固めた。2008年秋のリーマン・ショック以降、外資系企業の相次ぐ日本撤退などで収入が落ち込んでいる。大手監査法人が数百人規模の希望退職者を募るのは珍しい。9月末にかけて募集する。対象は金融部など一部の部署や若手を除く会計士と会計士試験合格者約4800人。応募者には面談を経て原則10月末までに退職してもらう。基本給の6~10カ月分にあたる割増退職金を支払うほか、再就職支援も実施するという。(2010/07/25,日経
引用元: 新日本監査のリストラで考える「ポータブルスキル」 渡邉正裕 公式ブログ:MyNewsJapan


2011年の発覚分

オリンパス

住友大阪セメント

09年度下期頃から当該製品の担当者が、棚卸資産の在庫金額を過大に計上していたことが、12月上旬に判明。概算での棚卸資産の過大計上額は、本年10月末日の在庫を基準に算出したところ、総額で約14億円
引用元: 住友大阪セメント、不適切な会計処理が判明で続急落 | 株探 企業速報

2011年の判決・和解

文化学園大補助金訴訟

仙台市民オンブズマンが仙台市に対し、新日本有限責任監査法人(東京)と同法人の元公認会計士に約7億7000万円を返還請求するよう求めた訴訟は16日、補助参加人の監査法人側が解決金4億円を市に支払
河北新報 東北のニュース/文化学園大補助金訴訟 監査法人 仙台市に解決金 2011年12月17日土曜日

ネクストウェア






ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -