トップページ > 問題発見・問題解決 > 論理思考プロセス(TOC) > 現状分析ツリー(Current Reality Tree、CRT、問題分析ツリー)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-01-02

■目次
ここを編集
■本文

現状分析ツリー(原文:Current Reality Tree、略称:CRT、別訳:問題分析ツリー)


目的

事実を因果関係で整理し、問題の全体構造を明らかにする
引用元: GSC TOC-思考プロセス

アウトプット

いくつかの根本原因(root cause)やただ1つの核心問題(core problem)を見つけ出す
引用元:『ゴールドラット博士の論理思考プロセス』p38

参考

ツリー(tree)はグラフ理論の木構造とは違う

A current reality tree isn't really a tree, but a directed graph



ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -