トップページ > 語学 > 日本語 > 敬語 > 疑問文 > ご教示(ご教授)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-01-14

ご教示を疑問形で使う。

■目次
■本文

ご教示の疑問文

ネット上での使用回数比較では、"ご教示いただけませんでしょうか" OR "ご教示くださいませんでしょうか" が使われている。

検索日:2012年1月11日~15日
googleのサーバーによって検索結果が違うことが判明したので、複数回検索。
一日で調べきった検索結果2の方が、比較の基準としては妥当。



検索後 google検索結果数1(複数日にわたって) google検索結果数2(14日)
"ご教示下さいませんか" 107,000 64,400
"ご教示下さいますか" 34,400 34,700
"ご教示下さいますでしょうか" 18,700 10,200
"ご教示下さいませんでしょうか" 145,000 93,700
"ご教示くださいませんか" 464,000 171,000
"ご教示くださいますか" 83,300 83,800
"ご教示くださいますでしょうか" 46,000 45,800
"ご教示くださいませんでしょうか" 274,000 274,000
"ご教示願えませんか" 54,600 41,900
"ご教示願えますか" 44,600 20,200
"ご教示願えますでしょうか" 43,900 43,900
"ご教示願えませんでしょうか" 128,000 128,000
"ご教示いただけませんか" 192,000 85,600
"ご教示いただけますか" 233,000 234,000
"ご教示いただけますでしょうか" 75,500 75,500
"ご教示いただけませんでしょうか" 304,000 304,000
"ご教示頂けませんか" 86,200 86,200
"ご教示頂けますか" 92,600 92,600
"ご教示頂けますでしょうか" 96,900 96,900
"ご教示頂けませんでしょうか" 115,000 115,000
"ご教示賜れませんか" 4 4
"ご教示賜れますか" 3 3
"ご教示賜れますでしょうか" 9 9
"ご教示賜れませんでしょうか" 136 136


ご教示とご教授



そもそも「~いただけませんか?」と「~くださいませんか?」は、どちらが正しい?


ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -