トップページ > ビジネス > 資格 > 会計 > 財務諸表 > キャッシュフロー計算書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-02-10

キャッシュフロー計算書作成のルール作りをしているのは、日本では金融庁と公認会計士協会。
他の会計ルールと同じ。

■目次
■本文




個別キャッシュフロー計算書の作成方法と読み方

ざっくり


会計系資格試験で学ぶ個別キャッシュフロー計算書

ビジネス会計検定では3級からキャッシュフロー計算書が出てくる (主に読み方)



日商簿記ではキャッシュフロー計算書が出てくるのは、簿記1級(主に作成)


amazon plugin Error : amazonから商品名データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、text=(文字列)パラメーターを利用することで、商品名データを取得せず表示することができます。



個別キャッシュフロー計算書の作成方法と読み方(正確に)

金融庁の指示

金融庁のWEBサイトが、ちゃち過ぎる。本当にあっているのか不安になる。
ただ2011年発売の簿記理論のテキスト( 会計学理論マスター日商簿記1級 全経上級対策 (よくわかる簿記シリーズ) )にも平成10年3月13日版の「連結キャッシュ・フロー計算書等の作成基準」が載っているので、どうも間違いない。

個別ベースのキャッシュ・フロー計算書は、連結キャッシュ・フロー計算書に準じて作成

個別ベースのキャッシュ・フロー計算書は、連結キャッシュ・フロー計算書に準じて作成するものとする。
金融庁 連結キャッシュ・フロー計算書等の作成基準 1a909b2



日本会計士協会による補足等(実務指針)

連結キャッシュ・フロー計算書等の作成に関する実務指針については、今後、日本公認会計士協会が関係者と協議のうえ適切に措置する
引用元: 連結キャッシュ・フロー計算書等の作成基準の設定に関する意見書 金融庁 企業会計審議会 平成10年3月13日 1a909b1

連結財務諸表等におけるキャッシュ・フロー計算書の作成に関する実務指針






ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -