トップページ > 勉強法 > 記憶力 > 動物実験からの示唆


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-03-02

記憶力をあげるには、どうしたらいいか。

また、記憶力低下を防ぐためには、どうすればいいか。
例えば、40代から発生する 若年性アルツハイマー などは、何をすると発症やすいのか。


■目次

■本文

成長の年代ごとによる分類

幼児期

刺激のある環境で育てる

おもちゃや遊具を置いて刺激の多い環境にした箱と、何も置かない箱でそれぞれマウスを飼育。記憶力や学習能力をみるため、マウスをプールで繰り返し泳がせ、島にたどり着くまでの時間を調べたところ、刺激のある環境で育った方が回を重ねるほどより早くたどり着いた。

成人期

シータ波を脳に流す

マウスの海馬において、学習の際に特徴的に現れる脳回路活動(シータ波)によって、記憶形成を担う海馬新生ニューロンの分化が促進されることがわかった。「学ぶほど頭がよくなる仕組み」の一端を垣間見ることができた。
引用元: 東京大学 広報・情報公開 記者発表一覧 久恒 辰博 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 発表雑誌: Neuron 2005年9月15日号


記憶のメカニズムや脳内の部位による分類

新規な事象と既知の事象では学習と記憶に関する作業部位が異なり、新規事象は主に海馬傍回と嗅内皮質で、また長期記憶から想起した過去の事象は第38回で解説した前頭前野外側部+頭頂葉のワーキングメモリで処理されている可能性を示唆する報告が多数有ります。
引用元: 39. 学習と記憶;海馬の新生ニューロン - 論文・レポート 林 隆博 (西焼津こどもクリニック 院長)2009年

事象の分類   \  脳内での処理部位 関連リンク
新規な事象 海馬傍回と嗅内皮質 海馬傍回 - Wikipedia
長期記憶から想起した過去の事象 前頭前野外側部+頭頂葉のワーキングメモリ

海馬傍回と嗅内皮質にある物質(レトロマー)の働きを妨げない

アルツハイマー病は海馬傍回(parahippocampal gyrus)の嗅内皮質(entorhinal cortex)でレトロマー(retromer)という物質が阻害されることで起こっていると考えられる。ハツカネズミのレトロマーを阻害することでアルツハイマー病と同様の状態を起こせることは確認されている。しかし、レトロマーが働くようにしてアルツハイマー病を治療することはまだできていない。
これらのことの解明にコロンビア大学のスコット・スモール(Scott Small)が率いる研究チームが多大な貢献をしている。スモールは分子、細胞、脳組織、臨床すべてのレベルを考慮することで大きな成果を上げることができた。
Can't Remember What I Forgot/私が何を忘れたか、思い出せない - himazu blog

前頭前野外側部+頭頂葉


ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

関連するページ(記憶力タグを含むページ)

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -