トップページ > 健康 > 放射線対策 > 対策が必要な地域


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-02-24



■目次
■本文
現在進行中の福島原発の事故など、原発で事故が起こった場合には、どう対処すべきか。

0.放射性物質対策が必要な地域

本来は放射性物質の量によって決まる。その点からは、文部科学省発表の放射線マップなどを参考にするのが正しい。
ただ状況の判明が遅いので、参考までに距離など他の視点からも考えてみる。

文部科学省によるモニタリング結果(2011年9月30日時点)

千葉県では柏、流山、我孫子、松戸市にまたがる10平方キロほどの一帯で、セシウム134と137を合わせると、福島県内の比較的汚染が少ない地域に匹敵する1平方メートルあたり6万~10万ベクレルが測定された。
引用元: 汚染マップ:柏周辺6万~10万ベクレル 千葉・埼玉公表 - 毎日jp(毎日新聞) 2011年9月29日 21時38分 

上記PDFファイルの後半に他県におけるこれまでの測定結果も表示されている。
それを見ると、千葉よりも栃木や群馬の方が、汚染が酷い地域がある。(福島は当然もっとひどい。)


原発から何キロまでの地域が対策が必要か


外国の各国による指針(2011年3月17日時点)


過去の原発事故から考える

スリーマイル島:
周辺公衆の個人の被ばく線量は1mSv 以下であり、健康に与える影響はほとんど無視できる程度であった。


原発からの距離を知る(自分がいるところまでの)

半径の長さを指定して地図上に円を描く

地図上で直線距離を測る






ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -