トップページ > 勉強法 > 記憶力 > 人間での実験で確認されている方法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-04-08

記憶力をあげるにはどうしたらいいか。          



■目次
■本文


記憶のメカニズム

記憶の分類

短期記憶(short-term memory)、長期記憶(long-term memory)




活性化させるべき脳の部位はどこか。情報は脳の中でどう流れるのか。

海馬(海馬体、歯状回)、嗅内皮質


海馬(かいば)は、大脳辺縁系の一部である、海馬体の一部。特徴的な層構造を持ち、脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の器官。
その他、虚血に対して非常に脆弱であることや、アルツハイマー病における最初の病変部位としても知られており、最も研究の進んだ脳部位である。心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮する。心的外傷後ストレス障害(PTSD)・うつ病の患者にはその萎縮が確認される。
神経科学の分野では、海馬体の別の部位である歯状回と海馬をあわせて「海馬」と慣例的に呼ぶことが多い。
引用元: 海馬 (脳) - Wikipedia

全く同じ情報を思い出していても、その情報がどの脳の場所を使用して記憶されたかで、思い出す時のプロセスは全く異なる

犬の写真をみながら「犬」という単語を憶えた場合と、犬の鳴き声(わんわん)を聞きながら「犬」という単語を憶えたとします。そして「犬」という単語だけを思い出してもらい、その時の脳活動を比較します。すると思い出すときには写真が提示されていないにも関わらず、写真をみながら憶えた場合は視覚情報を担う脳部位が再活性化し、鳴き声を聞きながら憶えた場合は聴覚情報が提示されていないにも関わらず聴覚情報を担う脳部位が再活性化します。つまり、全く同じ情報を思い出していても、その情報がどの脳の場所を使用して記憶されたかで、思い出す時のプロセスは全く異なる
神戸大学 発達科学部 増本研究室 study5


自分でできる記憶力活性化方法、記憶力向上方法(実験対象となった年齢別)

成人

1日40分・週3日の速足で歩く有酸素運動」で海馬の体積が増加すると同時に、記憶パフォーマンスまでもが改善


ある行為文を憶える際に、言葉だけで憶える(言語条件)よりも実際に行為を行いながら憶える方(実演条件)が記憶成績が20〜30%向上

ある行為文、例えば「コップをもつ」という行為文を憶える際に、言葉だけで憶える(言語条件)よりも実際に「コップをもつ」という行為を行いながら憶える方(実演条件)が記憶成績が高まることをいいます。この実演効果により、健常者では記憶成績が20〜30%向上することが示されています。
引用元: 神戸大学 発達科学部 増本研究室 study4

情報提示の速度(時間の長さ)を変えることにより、短期記憶の成績があがる

再生文字数の平均値は、提示速度一定の場合の最大値より平均7.7%大きくなった。
引用元: Kyushu Institute of Technology Academic Repository(Kyutacar): 短期記憶の連続時間モデルに基づいた文字列の最適提示速度

高齢者

ガムを噛む




サプリメント摂取


自分ではできない活性化方法だが、ヒントにはなるか(年代別)

成人

海馬の活動を高め、新生ニューロンの数を増加させる。

成人の海馬では、どんなに歳をとっても新しくニューロンが生み出されつづけていて、記憶を形づくるはたらきをしている。学習などで、海馬の活動が高まると、新生ニューロンの数が増加することが報告されてきた
引用元: 東京大学 広報・情報公開 記者発表一覧 久恒 辰博 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 発表雑誌: Neuron 2005年9月15日号

年代の分類不能または未分類

海馬または嗅内皮質への脳深部刺激

頭蓋内に電極を埋め込んだてんかん患者7人を対象に、海馬または嗅内皮質への脳深部刺激で記憶力が変化するかを空間学習テストで検証。仮想環境で目的地までの空間学習中に嗅内野に電気刺激を与えると、刺激を与えない場合に比べて短い時間と経路で目的地に到達した。「嗅内野への刺激で空間情報の記憶が増強された」と著者らは結論している。
文献:Suthana N et al.Memory Enhancement and Deep-Brain Stimulation of the Entorhinal Area.N Engl J Med 2012; 366:502-510.
清澤眼科医院通信:3091 海馬または嗅内皮質への脳深部刺激で記憶力が変化するかを空間学習テストで検証:だそうです




記憶力に関する本



記憶術に関する本





ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -