トップページ > 健康 > 肉体的な病気の原因になる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-03-05
■目次
■本文

人間での示唆

相関関係は判明している。ただ、因果関係の有無は不明。

欧米の骨粗鬆症患者の30%はビタミンD不足


現在のところ、ビタミンD投与による脆弱性骨折や転倒予防の効果については、一定の見解は得られていません。
引用元: 転倒予防と骨粗鬆症(4) ビタミンDの転倒予防効果/作用機序の解明 RICHBONE(リッチボーン) 監修/奥泉宏康:東御(とうみ)市立みまき温泉診療所




生物実験レベル

因果関係判明

ビタミンEの過剰摂取は、厚生労働省の食事摂取基準の上限値レベルでも、骨粗しょう症の原因に

慶応大医学部の竹田秀特任准教授らは、大人の摂取上限量をマウスやラットの体重に合わせて換算し、毎日餌に混ぜて2カ月間与えた。骨は破壊と形成を繰り返して維持されるが、2カ月後には骨を壊す破骨細胞が大きくなって骨量が減り、骨粗しょう症になった。
引用元: 時事ドットコム:ビタミンE過剰摂取で骨減少=ネズミで確認、人の調査必要-慶大など



ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -