トップページ > 健康 > 放射線対策 > セシウム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-03-14

放射性セシウムの体内への蓄積、毒性(放射性物質としての毒性、化学的毒性)と、その影響。


■目次
■本文

セシウムは体内に蓄積するか ⇒ する。現時点では、筋肉への蓄積が明らかになっている。

セシウムの体内への蓄積部位

筋肉のセシウム蓄積は血液の数十倍

東京電力福島第一原発から半径20キロ圏内の警戒区域にいた牛の筋肉に蓄積した放射性セシウムの量は、血液中の放射性セシウム量の20~30倍という相関関係が見られることが、東北大や大阪医科大、山形大、新潟大などの調査でわかった。
引用元: asahi.com(朝日新聞社):筋肉のセシウム蓄積は血液の数十倍 警戒区域の牛を調査 - 社会


セシウムが体内に蓄積しても安全派

長崎大大学院医歯薬学総合研究科の 山下俊一 教授

福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーでもある長崎大大学院医歯薬学総合研究科の山下俊一教授は「すでに問題となっている野菜などを口にしていたとしても、基本的には心配ない」と話し、冷静な対応を求めている。
(中略)
一方、放射性セシウムは体内に取り込まれると染色体や遺伝子の突然変異を起こすことがある。半減期が30年と長く、筋肉に集まりやすい性質があるが、筋肉にがんが起こることはまずなく、山下教授は「どちらかというと、気をつけなければならないのは放射性ヨウ素」と強調する。
引用元: 【放射能漏れ】ヨウ素は尿で排出 セシウムは筋肉蓄積も心配低い 長崎大・山下教授 - MSN産経ニュース

セシウムのヒトへの化学的毒性は無視できる。ただし、セシウムは、30年で半分ずつバリウムに変わっていく。

2011年の原発事故によるセシウムの化学的毒性は無視できる。

セシウムの化学的毒性はほとんどありませんし、純粋なセシウム137、10000 Bqの重量は、わずか0.003μg程度であす。人体には、元々、数mgのセシウムが含まれており(参考1)、この程度の量のセシウム137では“化学的毒性”は認められないと考えます。
引用元: 放射性セシウムの人体への影響について - 専門家が答える 暮らしの放射線Q&A

セシウム-137(137Cs)は、30年で半分がバリウムに変わる。

セシウム-137(137Cs)
半減期 30.1年
ベータ線を放出してバリウム-137(137Ba)となるが、94.4%はバリウム-137m(137mBa、2.6分)を経由する。バリウム-137mからガンマ線が放出される。

バリウム

生物への影響:あり

バリウムは、数種のウイルスの物理的化学的特性と感染性およびそれらの繁殖能力に直接影響する。それは、また、細菌の胞子の発芽の成長にも影響し、細胞反応の阻害を含む多様な特殊作用を各種の微生物に与える。
引用元: 環境保健クライテリア 107Environmental Health Criteria 107 Barium  1990年

ヒトへの影響

バリウム化合物の摂取による中毒のいくつかのケースが報告されている。体重1kg当り0.2~0.5mgのバリウム摂取量は、一般には塩化あるいは炭酸バリウムの摂取により起こり、成人に毒性作用を与えることが見出されている。
引用元: 環境保健クライテリア 107Environmental Health Criteria 107 Barium  1990年

東京電力福島第一原発事故による蓄積量

東京都民の事故後1年間の推定値(東京大学 生産技術研究所の沖大幹 教授と、総括プロジェクト機構 「水の知」(サントリー)総括寄付講座の村上道夫 特別講師の研究チーム

対策がなかったと仮定した時の放射性セシウム20+ 件の実効線量が成人で8.3μSv、幼児で3.4μSv、乳児で2.7μSvであったのに対し、対策の実施によってそれぞれ6.6μSv、2.8μSv、2.3μSvまで減少し、14%~21%の低減効果があったと推察された(それぞれ男女平均値)。対策を実施した際の放射性セシウム20+ 件と放射性ヨウ素の合計実効線量は、成人で18μSv、幼児で42μSv、乳児で48μSvであり、対策による低減効果はそれぞれ29%、34%、44%であったという。
引用元: 東大、飲食物由来の放射性ヨウ素/セシウムによる都民への曝露量などを推定 | エンタープライズ | マイナビニュース

ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -