トップページ > 健康 > 放射線対策 > 放射線ホルミシス効果(低線量被曝、微量放射線被曝)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-03-16

放射線ホルミシス効果は、本当にあるのか。


■目次
■本文

放射線ホルミシス効果を否定、あるいは証拠なしとする人たち

United States National Research Council(USNRC,米原子力規制委員会)

USNRCは、放射線ホルミシス効果に証拠がないとしている。

Consensus reports by the United States National Research Council and the National Council on Radiation Protection and Measurements and the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) argue that there is no evidence for hormesis in humans and in the case of the National Research Council, that hormesis is outright rejected as a possibility.
引用元: Radiation hormesis - Wikipedia, the free encyclopedia


National Council on Radiation Protection & Measurements (NCRP,米国国立放射線防護委員会; 国立放射線防護測定委員会; 米国国立放射線防護測定委員会)

NCRPは、放射線ホルミシス効果に証拠が無いとしている。

Consensus reports by the United States National Research Council and the National Council on Radiation Protection and Measurements and the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) argue that there is no evidence for hormesis in humans and in the case of the National Research Council, that hormesis is outright rejected as a possibility.
引用元: Radiation hormesis - Wikipedia, the free encyclopedia


United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR アンスケア,原子放射線の影響に関する国連科学委員会)


UNSCEARは、放射線ホルミシス効果を証拠がないだけでなく、否定。

Consensus reports by the United States National Research Council and the National Council on Radiation Protection and Measurements and the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) argue that there is no evidence for hormesis in humans and in the case of the National Research Council, that hormesis is outright rejected as a possibility.
引用元: Radiation hormesis - Wikipedia, the free encyclopedia


発がんリスク閾値なし仮説支持

財団法人 放射線影響研究所

腫瘍登録は広島では1957年、長崎では1958年に開始された。1958年から1998年の間に、寿命調査(LSS)集団の中で被曝線量が0.005 Gy以上の44,635人中、7,851人に白血病以外のがん(同一人に複数のがんを生じた場合は、最初のもののみ)が見いだされ、過剰症例は848例(10.7%)と推定されている(表)。線量反応関係は線形のようであり、明らかなしきい線量(それ以下の線量では影響が見られない線量のこと)は観察されていない
引用元: 原爆被爆者における固形がんリスク - 放射線影響研究所

未分類




放射線ホルミシス効果(低線量被曝は健康にいい仮説)を支持、拡散する人たち


日本の原子力ムラ(電力中央研究所、東京電力関係者)


原子力ムラ2.0  日本の原発ビジネスに新規参入したい人たち

池田信夫氏とビルゲイツ組

いま生存している個体は放射線による遺伝子の破壊には強いと考えられる。むしろ微量の放射線は細胞を活性化させて健康になるというホルミシス仮説もある。
引用元: 池田信夫 blog : 微量の放射線は人体に無害である - ライブドアブログ



幸福の科学







ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -