トップページ > 健康 > 放射線対策 > LNT仮説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-03-16 ここを編集

日本語で「LNT仮説 放射線」と検索すると、上位はLNT仮説に否定的な意見が多い。ただし原子力ムラバイアスの可能性あり。

英語では「the linear-no-threshold hypothesis radiation」。

■目次

■本文

日本

LNT仮説 否定派

電力中央研究所

検索結果のトップに出てくるページをつくっている「放射線安全研究センター」というのは、電力中央研究所の一部門。
研究所概要  組織案内 電力中央研究所



LNT仮説 肯定派

財団法人 放射線影響研究所

腫瘍登録は広島では1957年、長崎では1958年に開始された。1958年から1998年の間に、寿命調査(LSS)集団の中で被曝線量が0.005 Gy以上の44,635人中、7,851人に白血病以外のがん(同一人に複数のがんを生じた場合は、最初のもののみ)が見いだされ、過剰症例は848例(10.7%)と推定されている(表)。線量反応関係は線形のようであり、明らかなしきい線量(それ以下の線量では影響が見られない線量のこと)は観察されていない
引用元: 原爆被爆者における固形がんリスク - 放射線影響研究所

海外


The linear no-threshold model assigns risk to every radiation exposure above zero dose and is the current basis for setting radiation protection standards worldwide.
引用元: Radar commentary: Use of linear no-threshold hypothesis in radiation protection regulation in the United States. Health Phys. 2012 - PubMed - NCBI

否定派


未分類




ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -