トップページ > 健康 > 放射線対策 > 健康被害モデル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-03-20 ここを編集

長期間の低線量被曝による影響は、どのように人体に影響を及ぼすのか。
放射線ホルミシス効果、LNT仮説(Linear no-threshold model)、ペトカウなど、いくつかの仮説がある。

■目次

■本文

低線量による健康被害が大きい順

ペトカウ効果


LNT(Linear no-threshold model,直線しきい値なしモデル)



閾値あり


放射線ホルミシス効果


未分類

バイスタンダー効果


直接放射線のヒットを受けた細胞がそのストレスに対して"一次的"な応答をした結果、その近傍にある直接ヒットを受けていない細胞に何らかの"二次的"な応答が生じ、細胞集団として放射線生物作用を修飾する、という"バイスタンダー効果"
引用元: 放医研ニュース No.96





ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -