トップページ > windows > microsoft office > VBA > IE(internet explorer)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2012-04-11 ここを編集
■目次
■本文


VBA

VBAでHTML操作
サイト名:EXCEL VBA便利帳
コメント:とりあえず、最低限のことはここに載っている。
ただし、フレームで分割されているような一癖あるページに関しては、このページ下部のリンク等を参照の必要あり。




IEを非表示にした方がマシンに負荷をかけずに動かせる。
ただし、IEを非表示で動かす際には、自動クラッシュ機能をオフにしておくべき。
自動クラッシュ回復機能をオフにするには次のようにします。
1.Internet Explorer の [ツール] ボタンをクリックし、[インターネット オプション] をクリックします。
2.[詳細] タブをクリックします。
3.[ブラウズ] セクションで、[自動クラッシュ回復機能を有効にする] をオフにします。
引用元:Internet Explorer 8: プライバシー
理由:IEを表示にしておけば、何かあった場合、目視でブラウザを閉じれる。
IEを非表示にしてしまうと、目視ではブラウザが閉じれない。
結果、CPUとメモリを使用し続けるため、パソコンが遅くなる。

VBA以外の他IE


未整理



ページタイトル: IEオブジェクトを作る(IE7編)
サイト名: Happy!Happy!Island



関連ページ








ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -