トップページ > 未分類 > atwikiの使い方 > プラグインテスト > ページ一覧作成系 > list_by


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2013-06-03 ここを編集



■目次

list_by_ 3つの相違点

同じ

()内に,でパラメーターを区切ることで動作を変更することが出来ます。

違い

検索する引数の数

引数1:list_by_search,list_by_tag
引数2:list_by_tagsearch

検索する引数の種類

list_by_search(キーワード)
list_by_tag(タグ名)
list_by_tagsearch(キーワード1,キーワード2,キーワード3)

list_by_tagsearchは、タグといっているが、例示の引数はキーワードになっている。どっちか。


wiki内検索結果を一覧表示(list_by_search)


特定のタグを含むページを一覧表示(list_by_tag)

特定タグを含むページ一覧表示できます


タグ検索してページ表示(list_by_tagsearch)

タグ検索の結果、該当するタグを含むページを一覧表示します

list_by_tagsearchの説明文は「該当するタグ」と書いてある。しかし、例示の引数はキーワードになっている。引数にとるのは、キーワードか、タグかどっちか。


キーワードを入れて挙動の実験

実験目的

1.引数はキーワードか、タグか
2.「list_by_tagsearch」と「list_by_tag」のように包含関係にある文字列を判別できるのか。

準備

このページにタグを設定:2つ。list_by_search,list_by_tagsearch


実験1 :list_by_tagsearchの引数はキーワードか、タグか

list_by_tagsearch(list_by_search)
引数がタグであれば、このページと一階層上のページがヒットする。
引数がキーワードであれば、更に他のページも「トップページ/未分類/atwikiの使い方/プラグインテスト」もヒットする。

実行と結果

考察
list_by_tagsearchは、タグを引数とする。


実験2 : list_by_tagsearchは包含関係にある文字列を、別の文字列として見分けられるか。

list_by_tagsearch(list_by_tag)
タグの包含関係を見分けることができれば、エラーになる。
タグの包含関係を見分けることができなければ、結果が出力される。

このページに含まれるタグ:

実行と結果
  • 「list_by_tag」をタグに含むページは1つもありません。

考察
タグに包含関係がある場合は、見分けることができない。だから包含関係のあるタグ名は基本NG。適度な長さが必要。

例えば、あ行一覧と、あいうえおの各文字が必要なとき、5ページにそれぞれ、タグを「あ行,あ」「あ行,い」「あ行,う」「あ行,え」「あ行、お」と設定するのはNG。

list_by_tagsearch(あ行)
list_by_tagsearch(あ) 
list_by_tagsearch(い)
list_by_tagsearch(う)
list_by_tagsearch(え)
list_by_tagsearch(お)

タグの包含関係が区別できないので、
list_by_tagsearch(あ)は、5ページ全てが出てくることになる。

実験2-2 :list_by_tagsearch(list_by_tag,sort=??)

sort=create
  • 「list_by_tag」をタグに含むページは1つもありません。

sort=furigana
結果
  • 「list_by_tag」をタグに含むページは1つもありません。


考察


実験3 list_by_tagは、包含関係を見分けられるか。

#list_by_tag(list_by_tag)
実行結果
  • 「list_by_tag」をタグに含むページは1つもありません。
包含関係を見分けられる。





ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -