トップページ > 勉強法 > 記憶力 > 脳由来神経栄養因子(BDNF)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2013-07-03
■目次
■本文

BDNF(Brain-Derived Neurotrophic Factor)とは

BDNFは、神経細胞の生存・分化、神経回路の発達・機能などの調節に必須で、精神神経疾患(うつ病、統合失調症、発達障害、アルツハイマー病など)との関連も示唆される
参考文献: CAPS2が神経栄養因子BDNFの分泌を増強し、脳回路を正常に発達 | 理化学研究所


運動が記憶力に影響を与える機序

運動する 

脳内物質「IGF-1」(インスリン様成長因子)が分泌される

IGF-1は、BDNF(脳由来神経栄養因子)の分泌を促進

中枢神経細胞の生存と突起の伸びなどを促す
シナプス伝達効率を増強する作用があることや、シナプス長期抑圧を阻止

記憶力の向上


BDNFに関連する人間での実験

疲れ果てるまで運動した後は、記憶力が顕著に高まる。その際にBDNFが出ている。

自転車で運動したグループは最初のテストより、顕著に記憶力が向上していたが、座っていたグループでは記憶力の向上は見られなかった。
引用元: 金融そして時々山: 激しい運動は記憶力を鍛える


BDNFに関連する動物を使った実験

日本語文献




英語文献








ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -