トップページ > ビジネス > 公認会計士 > 電卓 > SHARP電卓の使い方 > GT


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2013-12-10

GTキー(グランドトータルキー)について。

「GT」の値を使うのに、明らかに間違った数字で「=」キーを押してしまったときはどうするか。

A。「=」をおした直後の値が表示されたままであれば挽回可能。
次の順にキーを押す。「±」「+」「=」キー


「GT」キーと「=」キー

今の表示が「=」キーを押しただけの途中経過か、「GT」キーを押した後のグランドトータルかわからなくなったらどうするか。

判別方法1.「=」キーを連打した後でなければ、液晶左上に「=回数」が表示されていれば「GT」キーを押した後のグランドトータル。
ただし「=」キーを連打したとき、たとえば割引現在価値の計算のときの計算のようなときには、「GT」キーを押していなくても「=回数」が表示されるため、この方法は使えない。

判別方法2.「GT」キーを押す。
「GT」キーは表示を変えるだけであり、演算機能はないので、数字に影響は与えない。ただし「=」キーで表示されていた数字は消えてしまうので、必要があればメモをしてから、「GT」キーを押す。


「GT」キーと「M+」キーの活用

Q「GT」キーを押してグランドトータルを表示後、「M+」キーを押したか押していないかの判別はどうするか。

A.液晶左上に「=回数」という表示が出ていなければ、「M+」キーは押していない。
「=回数」が表示されるのは、「GT」キーを押したとき、「RM」キーを押したとき、「=」キーを連続して押したとき。
そのため、「M+」を押すと、「=回数」の表示は消える。














ページフッタ

このページの1階層上のページ

このページの1階層下のページ

このページに含まれるタグ

このページへのアクセス数

今日: -
昨日: -
これまで合計: -