トップページ > windows > プログラミング > 言語 > VBScript


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

windowsが標準で対応しているスクリプト言語2つのうちのひとつ。
もうひとつは、JScript。

windows scripting host(以下、WSH)と、Internet Explorer(以下IE)にスクリプトエンジンが搭載されており、スクリプトは、次の 3 通りの方法で実行できます。

# WSH
テキストファイルにスクリプトを記述し、*.vbs(VBScript File)という拡張子で保存し、アイコンをダブルクリックします。

Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] フィールドにスクリプトのフル パスを入力し、[OK] をクリックします。


コマンド ラインにスクリプトの名前を入力します。



# その他
VBScriptとJScriptを混在させることが可能なwsfファイルという形式もあるらしいが、こちらは下記参照。
Windows スクリプト ファイル (.wsf) を使用する


【他の似たスクリプト言語、プログラム言語との比較】
# VBScriptとJScript
文法などは非常に似通っている。
一方で、それぞれのスクリプトで使用する「オブジェクト」は異なる。