※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5話 オブジェクトを自分で動かそう。

今回はオブジェクトを、カーソルキーで動かしたいと思います。
まず、オブジェクトを作って下さい。(種類はスプライトで。)
オブジェクトをダブルクリックし、次のように入力します。




extends SpriteChar;
while(1) {
if (getkey(39)>0) x+=3;
if (getkey(37)>0) x-=3;
if (getkey(40)>0) y+=3;
if (getkey(38)>0) y-=3;
update();
}



まず、「if (getkey(39)>0) x+=3;」の部分に注目。
getkeyとは、キー入力を判定するのに用います。
39がカーソルキーの右, 37が左です。
38がカーソルキーの上, 40が下です。

簡単に書くとこうなります。
if (右がおされた) 右に3だけ移動;
if (左がおされた) 左に3だけ移動;
if (下がおされた) 下に3だけ移動;
if (上がおされた) 上に3だけ移動;

実行して、動かしてみましょう。