※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第6話 種類いろいろ。

今回は、オブジェクトの種類を紹介します。

DXスプライト

半透明、回転拡大縮小ができるオブジェクトです
メニューの「オブジェクト」→「新規」を選び、次の操作をしてみましょう

クラス名を入力
    ↓
「DXスプライト」をクリック
    ↓
「OK」をクリック

オブジェクトインスペクタで、次の値を変更してみましょう



angle
オブジェクトの回転角度を指定します。単位は度です 初期状態は0です。

alpha
オブジェクトの透明度を指定します。値は0から255の範囲で、値が小さいほど透けて見えます。初期状態は255です。

scaleX
オブジェクトの大きさを指定します。もとの大きさは1です.


テキスト

テキストとは、画面上に文字を表示するオブジェクトです。

では次の値を変えてみましょう。



text
表示する文字列を指定します。
※textはかならず文字列を「"」で囲んでください。

size
テキストの大きさを指定します。

col
テキストの色を指定します。色は次のいずれかを選びます。
col
$clBlack
$clRed
$clWhite
$clBlue
$clYellow
$clGreen



これで基礎知識は身に付きました、次の章のゲーム制作へレッツゴー。