※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

428 :風と木の名無しさん:2006/11/20(月) 17:50:44 ID:v//Lf6NG0
    「新田、わざわざ埼玉の道場に弟子入りしたんだって?」
    「それが、あそこの道場、なんか変なんですよー」
    「というと?」
    「マッチョホモの集まりっぽいんです」
    「・・・やばくないか?」
    「むさ苦しい男にねっとりした流し目もらいましたよー」
    「・・・大丈夫なのか?」

429 :風と木の名無しさん:2006/11/21(火) 20:56:07 ID:yuKRFBoT0
    「新田、最近、若島津と親しいらしいのう」
    「サンくらいつけろよ先輩だぞ、妬いてんのかw」
    「バカチン、こうしてやるタイ!」「アッ!、、、佐野ぉ」
    「浮気したらイヤとよ、泣くケンね」
    「なに心配してんだよ、ホラよっと!」「アッ!あうっ!」
    うふふwクスクスw
    「瞬~っw」「満~っw」ぶちゅうぅうう~~(キス)

434 :風と木の名無しさん:2006/11/22(水) 21:44:57 ID:RjpwJMea0
    「俺とこんな事になってやばくないんすか?若島津さんw」
    「黙れよ、誘ったのはおまえだろ」
    「ずいぶん舌使いがスゴイすね~、来るぅ~w」
    「おまえ、結構淫乱だな。他にできてる奴いるんじゃねえのか?」
    「今はアンタと楽しんでんだぜwア~、もっとそこっそこお~!」
    「悪い野郎だぜ、可愛い顔しやがってw」
    ぶちゅうぅううう~~(キス)

435 :風と木の名無しさん:2006/11/22(水) 22:08:51 ID:RjpwJMea0
    「おい新田、俺と離れてる間にずいぶん感じやすくなったな。あれから他に男、知ったのか?」
    「それだけ先輩を恋しがってたんですよ、俺のカ・ラ・ダ。」
    「へへw上手い事言いやがる。この野郎め!」
    「俺をこんなにしたの先輩じゃないですか~、俺、先輩がはじめてだったんですよ、、、浦辺セ・ン・パ・イw」
    「この野郎~~wもうワンプレイだ!!」「やぁ~w」
    ぶちゅうぅうううう~~~(キス)