※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

514 :風と木の名無しさん:2006/12/04(月) 18:39:23 ID:aIUNNAqX0
    「へい、ボーイ!どこまで行くんだ?送ってやるぜ」道行くナトウに男3人が乗った車が近づいてきた。
    ナトウはなんの疑いもなく車に乗った。
    町外れに止められた車がユサユサ揺れる。中から悲鳴が聞こえた。
    「ああぅ!!あ、赤ちゃんできちゃうよ~~!!」
    そして、、夜道に裸足のナトウが疾走する。下半身はなにも身につけていない。
    「いやああああああああ~~~~~っつ!!!」泣きじゃくりながらの絶叫だ。
    「おい待てよ!これはいいのかあw」ダッシュで駆け出したナトウに、男が頭にかぶったパンツを指差した。
    「やだああああ~~~~っやああーーーっ!!」もうパニックでなにも見えてなさそだ。
    無知は身を滅ぼすのだ、都会の野獣にご用心、、、マル