※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

75 :(1/5):2006/12/25(月) 17:14:19 ID:DGFLA4eb0
    ふらの小

    転入したばかりの岬が自己紹介でサッカーの話をしたのがきっかけとなり、
    松山は教師から校内の案内役を任せられる。
    最初は兄貴風を吹かせて岬を案内する松山だったが、放課後、最後に案内した
    サッカー部のグラウンドで、岬に見事なテクニックを見せつけられてからは
    少し複雑な気持ちになる。

    『光はちょっと不器用な所がある。』
    時々ではあるが周囲からそういった評価を受けることがあり、受けた側自身もそれを
    自覚し、嫌っていた。
    そしていわゆる《出来る奴・素質のある奴》に対し、敵対心と劣等感の入り混じった
    感情を抱くことが多かった。
    そしてこの日、笑顔で器用なプレーを披露する転入生に対しても、同様の感情を
    抱くのであった――。

76 :(2/5):2006/12/25(月) 17:15:27 ID:DGFLA4eb0
    日頃からの面倒見の良さとリーダーシップの高さから、松山は誰の反対も無く新チームの
    主将に選ばれた。ただ、時折見せる曇りがかった表情を、気掛かりに思う者も何人かいた。
    スランプに足を踏み入れかけているのかもしれない…だとしたら早く引き戻さなければ。

    「でもどうやって…?」
    一歩間違えれば益々深みにという恐れから、具体的な対処法を見出すことが出来ない。
    メンバー達が腕組みで唸る中、ただ一人明るく行動する者がいた。

    「…岬?!」
    「松山、そろそろ時間だから帰ろう。今日は学校外も案内してくれないかな?」

77 :(3/5):2006/12/25(月) 17:16:31 ID:DGFLA4eb0
    部活では屋外へランニングに出ることもあると聞いていた岬は、早速そのコースを
    教えて欲しいと松山に伝えた。
    松山もその要望に応えるが、時間も時間なので厳しそうなら途中で引き返すという
    条件付きとなった。

    「とはいえお互い妥協は無しだ。中途半端は嫌だろ?完走するつもりで行くぞ。」
    「うん、完走しよう。」純粋だが、強気な笑顔で返す。
    その表情から目を逸らすように松山は前を向き、一気に走り出す。岬も後に続く。

    (…こいつ、どうして…)
    ランニング中も、言い様の無い疑問と苛立ちをふと感じては振り切るを繰り返した。
    (走りに集中しなければ…)
    何度か通った道とはいえ、気を抜けば危険な事故に繋がりかねない。
    増して、初めて臨む者を率いているという責任を自覚し、注意深く道を乗り越えた。
    「無理なら無理って言えよな。」
    「なんとか大丈夫。」
    少し厳しいかな?という表情も見せ始めはしたが、笑顔と前向きさは絶やさない。
    気にかかる部分もありはしたが、その目を信じて先へ進むことを決めた。

78 :(4/5):2006/12/25(月) 17:18:37 ID:DGFLA4eb0
    人の手がかかっていない、純粋で険しい道。その大自然の重さを心に刻みつける
    ように、岬は走り続ける。誰よりも真剣で直向きな背中を追いながら――。

    終着点である小高い丘に到着したときには、沈みかけの夕陽が眩しい光を放って
    いた。幼い頃から数々の景色を見ながら育ってきた。しかし、こんなにも広大で、
    澄み切った世界に出会ったのは初めてだった。
    「すごい……。」

    「…初心者には厳しい道だし、正直色々迷ったが…。でも来られてよかった。」
    松山も少しずつ、言葉が出始める。
    最初に案内を求めたのは岬だった。でも心の奥底でここへ来ることを求めていた
    のは自分自身だったのかもしれない。少し気分の晴れた表情で、言葉を続ける。
    「でも大したもんだよ、初心者ではなかなかここまで辿り着けはしないんだぜ。
    俺たちだって、ここまで来るのに何度苦労したか…。」
    「ううん、僕も、必死だった。でも、でもね…!」
    急に気持ちを入れて松山の方に振り向くが、疲れきった体がそれを支えきれず、
    岬はその場でバランスを崩してしまう。
    「お、おい、岬!」
    「えへへ…ごめんね。なんか、限界っぽい。」

79 :(5/5):2006/12/25(月) 17:20:01 ID:DGFLA4eb0
    「も、もう歩けるから。下ろしてよ、松山。」
    「日が落ちるまで時間がないんだ、とにかく急ぐぞ!」
    両脚に無理が来ていた岬を瞬時に背負い、松山は一気に峠を駆け下りていた。
    慎重な姿勢を見せることもあれば、突然大胆な行動に出ることもある。
    様々な面を持ち合わせてはいるが、一つだけ言えるのは、いつもどんな
    状況でも、松山は真剣に生きているんだということを、岬は確信する。
    どれだけこの街に留まれるかわからない。でも限りあるここでの時間を、
    自分ももっと真剣に、大事に過ごしていきたい。強くそう思った。

    「…岬、寝てんじゃねぇぞ、家まで案内しろよ。」
    「うん、わかってる。」
    「なに笑ってるんだよ。」
    「ううん、別に。」
    「いっつも笑ってるよなお前って。明るいし…すげぇよ、本当。」
    皮肉ではなく、自分に無い素直さを持っている岬を、心底うらやましく思っていた。
    岬が答える。「だって…その方が、」
    なんとなく寂しさを含んだ声と感触を、松山は背後から感じた。
    「…岬?」
    「…だから!」
    「えっ」
    「松山も明るくいこうよ、ね!」
    負ぶさっている背後から、松山の両頬を引っ張る。
    「ばっ…馬鹿やめろって、送ってやらねぇぞコラ!」
    「あははははは…」
    家に帰り着くまでずっと続いていた岬の笑い声が、松山の中にずっと響き続けた。