※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

631 :風と木の名無しさん:2006/12/24(日) 00:45:03 ID:K0HLDDgL0
    ナポレオンのもとに、プレゼントと一緒に花束とカードが届けられた。
    「僕の愛するルイ
    イブは、社交界があって、君と一緒に過ごせない。残念だよ。
    君をイメージして作らせたブレスレットと、シャンパンを送るよ。
    名前は、そう、ルイ・ナポレオン。
    僕からのクリスマスプレゼントだ。気に入ってくれると嬉しいな。
    どこにいても、僕は君を思ってる。愛しているよ。
    メリークリスマス。         
                             エルより 」

    ナポ「、、、ばかやろう。どうせ、女とすごしてるくせによ!
       いろんな奴に同じ事してるくせによ!
      俺にも忘れずにマメなラブコール送ってきやがって、、。
      涙が出ちまうじゃないか、、、。グスグス、、クスン。
      ピエール、、、俺はおまえに会いたいよ。」

635 :風と木の名無しさん:2006/12/25(月) 16:55:02 ID:n+++ew5u0
    運転手「ピエール坊ちゃま、昨夜は社交界の後、お泊りでずいぶんとお疲れのご様子で。」
    「ああ、楽しい夜だったよw」
    「いつもお相手が定まらない。旦那様の若い頃にそっくりです。いけない人だw」
    「ハハハ、母には内緒だぞ。」
    「ただ、、あまり乱暴で同じモノのついている方とお付き合いを続けるのは、いかがなものかと。」
    「、、、さすが、鋭いな。気づいていたのか?」
    「長い間お仕えして参りましたので、、。ずいぶん前、仏Jr代表がPK戦で敗れたあの日、坊ちゃんは、落ち込んでいる彼を同乗して別荘に送るよう命じられました。」
    「、、、あの別荘、親父がよく秘書との逢引に使ってたなあ。」
    「翌日、お迎えに参りましたところ、彼の様子を見てすぐにわかりましたよ。そう、あれはまるで、恥じらう乙女のようなw」
    「ハハハ、参ったな。最初からお見通しかw」
    「彼は血統が良いとはいえ、親族からも厄介者扱いで実家からすでに飛び出しているとか?」
    「、、、あいつ、今では僕にゾッコンなようだ。しばらく遊んで、可愛がってやるさw」
    「、、、悪い人だwww」

637 :風と木の名無しさん:2006/12/25(月) 17:55:15 ID:n+++ew5u0
    回想シーン 別荘での朝
    「ハッ!?ピ、ピエール、昨夜、俺、、、っ。」
    「お目覚めかいw」
    「よせ!カーテン開けるなよ!まぶしいだろ!」汗汗、、
    「あ?ナポ、これ、シーツに血が、、。傷がついたのか?」
    「あ//////!?やだっっ!!よせよっ、見るな!コレ、俺が自分で洗うからよぉ!!」
    「、、、。」
    「、、、、ヒクッヒク、グスン、、ううっ、、」恥ずかしさに涙するナポ
    「ナポ、このシーツは捨てればいい。以外とデリケートだったんだなw」肩を抱き寄せるピエール。
    「うううっ~~っ!!ひでえよぉ!俺、昨夜はどうかしてたんだ!それを弱みに付け込んでこんな事っ、、、号泣。」
    「すまない。僕のせいだな。優しくするつもりだったのに、、つい夢中になってしまった。昨夜のおまえは、強く抱いていないと壊れてしまいそうだったから、、。」
    「ばかやろ、、う。」
    「専属の医者を呼ぼう。手当てしないと。」
    「嫌だ!いやっ!そんなっ、、、誰にも知られたくねえよっ!頼むから誰にも言わないでくれよぉ、、。グスングスン、、」
    「ナポ、バスルームへ来いw僕が手当てしてやるさ。なに、恥ずかしがる事は無い、おまえの体はもう隅々まで知っている。」スタスタと全裸でバスルームへむかうピエール。
    ゴミ箱の中には昨夜の名残、シーツの上にも捨て忘れた丸めたチッシュが、、、。
    「ピエール、、、慣れてんのか?こんな事、、、。」
    胸キュンなナポレオンであった。

641 :風と木の名無しさん:2006/12/26(火) 16:53:56 ID:nGvqX8s90
    真っ赤なスポーツカーが走りすぎて行った。
    「!?」
    グラサンかけていてもわかる。ピエール。いつもと違う遊び人っぽいカジュアルな雰囲気。
    助手席には日焼けした活発そうな女が楽しそうに笑ってた。
    「、、、、。」

    その日の新聞
    FWナポレオン、試合開始7分 レッドカード 退場処分

642 :風と木の名無しさん:2006/12/26(火) 17:36:39 ID:nGvqX8s90
    いつものピエール家専属ロールスロイス
    パーティーの帰りだろうか?花束とプレゼントを抱えたワンピの女が降りてきた。
    すましたスーツのピエールが見送っている。
    「、、、なんなんだよ。あいつ、、。」
    豪邸に帰るロールスが信号待ちしていると、ドガッ!!と後部座席のドアを蹴り上げた男がいた。
    運転手「!?何をするんだ!キミ!!」
    足を車にかけたまま、ガムを噛みながら、見下すような目で窓越しのピエールを睨んでいる。
    「、、、、爆弾男か。開けてやれ。」
    「でも、お坊ちゃま、、、。」
    「いいから、乗せてやれw」
    ドアが開くと、ズカズカ無遠慮に乗り込み、ピエールの横に座ると大きく足を組んでソファーにもたれた。
    傲岸不遜な態度に運転手が顔をしかめる。
    「、、、どうした?何か用事なのか?」
    「、、、、。」俺様は気分を害している、といった顔でくちゃくちゃガムを噛み続ける。
    「僕もいろいろ忙しいんだ。用があるなら早く言え。車に傷までつけて、」
    「ルせぇーなあ!!さっさと家まで送りゃあいいんだよ!!」
    運転手「、、、、。」




643 :風と木の名無しさん:2006/12/26(火) 18:04:06 ID:nGvqX8s90
    ナポ自身、なにを苛立ってるのかわからない。きっと、こいつがタラシのくせに、紳士面してすかしてるから気に入らないんだ。
    「フッ、おまえの家は方向が逆だがw、、、まあいい。」
    「お坊ちゃま、どうしますか?」
    「そうだな、、。行き先変更だ。父の別荘へ着けてくれ。」
    「、、、かしこまりました。」
    「、、、、!?」別荘?え、、、?今まで傲慢な態度で威張っていた顔が、急にうろたえた表情に変わる。
    心臓がドキドキして、顔が熱くなる。今喋ったら、声まで震えそうだ。
    「!」ギュ!とふいに手を握られた。ピエールは無表情で何事もなく運転手に話しかける。
    「家には、適当な理由をつけて報告しておいてくれ。」
    「はい。」
    「ぁ、、、」最初の迫力はどこへやら、ナポは赤らんだ顔を隠したくて、うつむくしかなかった。