※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

888 名前: ヘタレショタコメ  投稿日: 02/02/10 12:04 ID:bLSd5N1b
    若島津健の朝は早い。
    空手道場の跡取りとして生まれて12年。体にしみついた武人としてのリズムは家から遠く離れた全日本Jr.合宿でも乱れる事はなかった。
    洗面所に人影をみつけた。
    「おはよう。タケシも朝が早いな」
    小坊主のような可愛らしい後輩は大きな目を剥いて後じさりした。
    明らかに狼狽している。
    その手には本人の物と思しき子供用ブリーフが握られていた。
    「若島津さん、あの、お、おはおはおはようございます」
    「誰にも言わないからとっとと洗え。シーツは大丈夫だったか?」
    タケシの貌に朱が走る。俯いた目元に泪の玉が膨らむのを見て、今度は
    若島津が狼狽えた。
    「さっと洗って洗濯物の中に放り込んでおけば平気だから」
    「ぼく、ぼく、病気みたいなんです」
    「寝る前に水分をとらないようにすると予防になる」
    「気をつけています。あの、ちんちんの根本に輪ゴム巻いてとめようとしたり」
    考えただけで痛そうだ。若島津は凛とした眉を寄せてその想像から思考を逸らせる。
    「いつもトイレで出るオシッコと違うし、量も中途半端で、なんか膿みたいで」
    それは・・・ごく最近若島津自身も経験した症状である。他人事ではない。
    しかし、痛みはないので親兄弟にも相談しそびれていたのだ。場所も場所だし。
    「寝る前に絞っておくと朝は大丈夫だったりするぞ。俺はそうしている」
    「若島津さんも膿出てるんですか!?」


889 名前: 888 投稿日: 02/02/10 12:05 ID:bLSd5N1b
    早朝の洗面所で、小学校6年生&四年生の男子がひっそりと語り合う。
    「絞るって・・・痛くないですか?」
    「輪ゴムよりマシだ。ちょっと説明するから出してみろ」
    タケシは少しモジモジした後、意を決したように短パンを下ろした。
    ぷるん、と幼い性器が飛び出す。持ち主同様赤面しているのが律儀。
    「自分でぎゅっと握って、揉むんだ。しっかり揉まないと出ないぞ」
    「んっ・・・いた、い」
    「がんばれ!予防をしておかないと膿が漏れてしまう」
    若島津はしゃがみ込み、タケシの股間に顔を持っていく。
    「腫れてきたな。もうすぐ出るぞ。きっと」
    「あっ・・・わ、若島津さん・・・朝、膿が出る時、変な夢、見ません?」
    「お前もか、タケシ!あの人が夢に出てくるのか」
    「よく覚えてないけど、なんかモヤモヤして・・・あ、日向さ、あ、あああ」
    タケシが放った白濁液を若島津は抜群の運動神経でよける。
    「思い出したら、なんか俺のも腫れてきたようだ。タケシ、復習のために見るか?」
    「お願いします!」
    「あうっ・・・なあ、日向さんが病原菌持ってるのかもな。夢に出てくるし」
    「日向さんの事考えるだけで、こうしてモヤモヤして・・・ああっ」
    朝日を浴びて自慰を披露しあう二人。柱の陰から、それを見つめる黒い陰。
    二人のカリスマ、猛虎日向小次郎は苦り切った顔でその場を立ち去った。
    「俺は奴らのオカズか!!!!!」
    性に目覚めた若島津がオカズを主食にする、わずか前の事であった。