※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

6 名前: 片×翼  投稿日: 02/02/11 15:44 ID:aZJylceX
    その部屋は漆黒の闇で満たされていた。
    片桐宗政がサングラスを取る時。彼が組み敷いているのは大空翼。
    「いっ・・・いたいよ・・・」
    「じっとしてれば、痛くないから」
    ガクガクと震える翼の姿に、サッカーの申し子の輝きは残っていない。
    怯える彼の肌は冷や汗で湿っていて、片桐の掌に吸い付いた。
    「どこが感じるか、チェックが必要だね」
    縛り上げられ、ベッドに転がされた翼は、必死に身じろぎして
    片桐の手から逃れようとしているようだ。
    それを押さえつけ、片桐はモーター音がする何かを、翼の肌に
    這わせる。
    「いやぁっ・・・あぁっ、やめて、やめてよぉっ」
    「だめだ」
    執拗に細かいバイブレーションを与えられ、翼の体の数カ所が、
    熱を持って疼き出す。
    「一つずつ、確かめていこうか」
    片桐の滑る舌が翼の唇をなぞる。
    「・・・いやだぁ、あああっ」

369 名前: じゃ遠慮なく片桐×翼  投稿日: 02/02/27 16:47 ID:M4FWwsjE
    片桐の唇から逃れたいのか、翼は顔を激しくうち振って逃げる。
    その頑なな様子も、片桐の劣情を煽った。
    「翼、好きな人いる?」
    翼の動きがヒクリ、と止まった。
    誰やら思い出したのだろうか。
    片桐の指は、翼の両脚の間で縮こまっているモノをほぐすように弄ぶ。
    不意打ちでほころんだ翼の唇に、片桐はするりと舌を差し入れた。
    「・・・ふっ・・・ん」
    大人になりきっていないペニスが、ムクムクと主張を始めた。
    翼が好きな人、が誰か、わかっているから、片桐は翼を嬲る。
    ゆっくりと身体をくねらせ始めた翼の耳に、毒を流し込むように、
    片桐は囁き続ける。
    「その人と・・・こういう事した?」
    「んっ・・・いや・・・ぁ」
    無邪気で、純粋で、他の少年とは違う一途さを持った翼にとって、
    その人物との記憶が、どんな効果をもたらすか・・・片桐の思うまま、
    翼は追いつめられていく。


370 名前: 369の続き片桐×翼 投稿日: 02/02/27 16:48 ID:M4FWwsjE
    翼の小さい乳首に、ヴ・・・ンと唸るバイブレーターがそっとあてられた。
    「でも、ここが感じる事は知ってるだろう?」
    バイブレーターを離し、片桐は自らの指先で、固く縮こまった粒を
    軽くひっかいて翼を啼かせた。
    「うぁあっ・・・あ・・・っ」
    「こういう風にしてもらった?それとも」
    バイブレーターで痺れているであろう、乳首を、舌先でなぞり
    「こうしてもらうのが好き?」
    反応を楽しむ。翼の健やかな肉体は、片桐の期待どおり、よく感応し、跳ねた。
    右手の中の幼いペニスも、暴発寸前にふくれあがっている。
    バイブレーターを側によせ、空気を振動させただけで、翼は悶えた。
    「先っぽ、剥いてもらえなかったの?」
    「・・・む、むくって、何?」
    うずらのように愛らしい双玉の膨らみを、右手で転がしてやりながら、
    片桐はほくそ笑んだ。
    「大人は先っぽが覗いているんだよ。彼のもそうだっただろう?」
    翼が頷く気配がする。彼、の記憶を反芻し、甘い表情を浮かべているのであろうか。
    「俺が代わりに剥いて、大人っぽくしてあげるよ」
    片桐は翼の股間に顔を埋めた。


371 名前: 370の続き片桐×翼 投稿日: 02/02/27 16:51 ID:M4FWwsjE
    「い、いやだっ・・・そんな、事、怖い」
    「平気さ。そーっとするから」
    ペニスから口を離し、片桐は翼の耳元に口を寄せた。
    「彼に会う時、かわいいちんちんのままだと、恥ずかしいぞ?」
    翼の動きが止まる。すかさず、片桐は口唇愛撫を再開する。
    唇をつぼめ、包皮をとらえる。根本へとゆっくり引き下ろす。
    「いっ・・・たぁ、い」
    片桐はその器用な指で、翼の秘めた蕾を擽った。
    「あ、はぁ・・・うっっ」
    やはりここも開発済みだろうか?翼の想い人への嫉妬が募る。
    じわじわと指を侵入させながら、唇も仕事を押し進めていく。
    敏感な先端が完全に露出するまで、翼を焦らせ続けなければいけない。
    時折、翼を励ましながら、蕾を犯す作業は続ける。
    「ここは嫌がらないんだね?一番気持ちいいのか?」
    「・・・うん。あ、はい」
    慌てて敬語を使う翼。その愛らしさに、片桐は魅了される。
    露出作業が完了した頃、翼のペニスは限界まで膨れあがり、つついただけで
    弾けてしまいそうなほどに実っていた。
    指を引き抜き、バイブレーターを挿入する。
    翼は一瞬腰をひく気配をみせた。が、片桐の言葉で動きをとめた。


372 名前: 371の続き片桐×翼 投稿日: 02/02/27 16:53 ID:M4FWwsjE
    「好きな人の事を考えると、もっと気持ちいいよ」
    躊躇の瞬間を縫って、一息に挿入する。
    仰け反る腰を押さえつけ、スイッチを入れた。先刻よりくぐもった振動音。
    「あっ、んんっ・・・あぁ、うっ」
    「ほら、気持ちいいだろう?」
    翼の、想い人への貞節の気持ちは、人並み以上に強いはずである。
    しかし、その禁欲をひとたび放ってしまえば、若い雄の本能が先にたつ。
    「もっと、いいモノをあげるよ」
    片桐は無造作にバイブレーターを引き抜き、翼の腰を抱き寄せた。
    「いやっ・・・それはダメなんだ・・・いやだぁっ!」
    翼は身体をくねらせて、にじり上がろうとする。本気の拒絶だ。
    片桐は最後の切り札を出す。
    「彼に・・・ロベルトに会わせてあげる」
    抵抗がやんだ、しなやかな身体を抱き寄せる。啜り泣く声が、暗闇に響いた。

379 名前: 372続き片桐×翼  投稿日: 02/02/27 19:26 ID:3FGmc7sR
    翼の熱い秘肉に、片桐は自らを沈めこんでいく。
    「うぅっ・・・くっ」
    せめて快感をこらえようとしているのか、翼の身体に力が入るのがわかる。
    「力を抜かないと、痛いよ?」
    翼がしゃくり上げながら、力を抜こうとするのがいじらしい。
    そして内部はふつふつと熱い。鍛えられた少年の体内は、ねっとりと
    片桐を包み込み、燃え立たせる。
    ゆっくりと突き上げながら、片桐は翼の涙を指で拭った。
    「もうすぐ・・・彼とできるよ・・・俺と、どっちがいい?」
    答えはわかっている。今の状況で、翼の選択は一つしかない。
    追いつめられてつく嘘を、片桐は待っていた。
    しかし、予想は思わぬ方向で外れた。


380 名前: 379続き片桐×翼 投稿日: 02/02/27 19:27 ID:3FGmc7sR
    「まだ・・・した事・・・あぁっ、う・・・ない、から」
    啜り泣きがますます高く響く。
    「大事に、とっておけって・・・と、途中ま、で」
    なぜ自分を受け入れたのか。少なからず、動揺した片桐だったが、
    身体は無意識のうちに、翼を深くうがち続ける。
    絶頂が近い。収縮する翼の粘膜に、全て溶かされてしまいそうだ。
    「ホントに、会わせて・・・なんでも、するから、お願い」
    掠れた声で懇願され、片桐は翼のペニスを強く扱きあげた。
    ━━そんな事、本気にしてるのか、お前は!
    「・・・ああっ、あーっ!」
    外気に触れてまもない先端が、刺激に耐えきれずに精を噴き出した。
    ぎゅっと締め上げられ、片桐も放つ。
    荒い息をつきながら身体を離し、翼を置き去りにしたまま、片桐は
    シャワールームへと向かった。
    電灯のまぶしさに目を細めながら、汗を流す。
    最後の瞬間まで、翼はロベルトを思っていたのだろう、と感じながら。