※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

157 名前: 中×日その1  投稿日: 02/02/15 18:43 ID:mUpnTMfq
    「坊ちゃま、お友達の方がお見えです」
    メイドの声で三杉淳は我に返った。
    土曜日の午後。お気に入りの管弦楽と紅茶で、自分の世界に浸っていたのだ。
    ドアを開けた男の姿を見て、三杉は目を丸くした。
    「肖!肖俊光じゃないか」
    「うむ。顔色はまずまずだな」
    ズカズカと部屋に入るなり、肖は手にした鞄から鍼治療セットを取り出した。
    「君は何を」
    「治療だ。さあ、衣服を解いて横になれ」
    「僕の心臓病の事を知っているのか?」
    「ああ。西洋医学では治療が不可能だという事もな」
    「君の東洋医学で先天性の心臓奇形が治せるとでも?」
    肖はカッと目を見開き、長髪を後頭部で一括りに縛った。
    「俺の治療に不可能はない!」
    紅茶と茶菓子を運んできたメイドが腰を抜かす程の大音声だった。
    「ふっ。では試してもらうとしようか」
    静かな笑みを浮かべ、三杉は服を脱ぎ始めた。


158 名前: 中×日その2 投稿日: 02/02/15 18:44 ID:mUpnTMfq
    肖の手は正確に三杉の経絡を捉えて、鍼を打っていく。
    「そ、そんなところにも打つのか?」
    「鍼治療は全身の気、水、血の流れを整えるのだ」
    髪の毛よりも細い鍼は、ビキニラインに打たれても全く痛みを感じさせない。
    それどころか・・・三杉の局部は俄に血流が強くなっていた。
    「こんな治療があるものか。今すぐ、やめてくれ」
    「そうはいかん。ここでやめたら悪影響が心臓に及ぶぞ。循環器の基だからな」
    心臓の話をされると、三杉も押し黙るしかない。
    その間もみるみるうちにペニスは熱を帯びてくる。
    肖の冷静な視線が、三杉の羞恥心を刺激する。両胸の乳首まで脈打ってくるに
    及んで、三杉はとうとう目を閉じた。
    そこに、肖の指が触れた。
    「あぅっ・・・」
    うっすら目を開けると、両乳首に突き立てられた鍼がキラリと陽光を反射した。
    「痛みはないだろう?」
    三杉は言葉を失い、ただ後じさりしようとした。が、できない。



159 名前: 中×日その3 投稿日: 02/02/15 18:45 ID:mUpnTMfq
    完全に腰に来ていた。意識ははっきりしているのに、四肢はぴくりとも動かない。
    自分の肉体として意識できるのは、鍼を打たれた両乳首と性器のみ。
    「乳頭は敏感な箇所だが、どちらの感覚が強い?」
    「う・・・知らない」
    「自分の体だろう?君はそれでも医師を目指す身なのか」
    肖の指先が、二本の鍼を交互に弾く。そのリズムが三杉の性感に響いた。
    「さあ、どちらだ?」
    「それが、治療に関係あるのか?」
    「関係ない事を訊くほど暇ではない。答えろ」
    三杉は観念して目を閉じる。己の肉体に感覚を研ぎ澄ませる。
    「ひ・・・左、だ」
    「よし。治療方針が定まった」
    肖は手早く脱衣し、三杉の体から乳首以外の鍼を抜いていく。
    そして三杉の体を裏返し、四つん這いの姿勢をとらせた。
    「君は僕をどうする・・・あっ」
    「後門から血流を促進する」
    三杉の狭い秘部に肖の指が突き立てられる。



160 名前: 中×日その4 投稿日: 02/02/15 18:46 ID:mUpnTMfq
    「痛みはないと思うが・・・どうだ?」
    「け、血流が、確かに、促進・・・」
    三杉の声は切れ切れに、午後の陽差しが暖かい部屋に響く。
    喘ぎ声は優雅な管弦楽に紛れて、部屋の外には漏れないはずである。
    「では、治療の仕上げをしてもよいころかな?」
    仕上げ、が何を示すのか、聡明な三杉はわかっていた。
    そしてそれを心から欲していた。
    「頼む・・・僕のここを、鎮めてくれ」
    肖の力強い手が三杉の腰を引き据えた。
    そして熱い塊が三杉の体内に打ち込まれる。
    三杉の両胸の鍼が同じリズムで、ゆらり、ゆらりと揺れる。
    「あぁっ・・・あ、いい、すごく・・・いい」
    「他に刺激が必要な箇所は?」
    淡々とした肖の声と裏腹に、突き上げる性器の勢いは三杉を狂わせた。
    肖の手をとり、自分の昂ぶりにおしつける。
    「ここを、ここ、触って・・・っ」
    肖に一撫でされただけで、三杉は精を吐き尽くした。

162 名前: 中×日その5  投稿日: 02/02/15 18:48 ID:mUpnTMfq
    「努力で心臓病を治した男」
    人々は三杉をそう呼んで讃えた。本人も多くを語ろうとはしない。
    彼の健やかな心臓は、ただ一人の男を想うときだけ、鼓動を乱す。
    「なぜ、さよならも言わせてくれなかったのか、肖」
    たった一度だけ、唇に触れるだけのキスを寄越した。
    「貴公子の唇は、俺には柔らかすぎる」
    そう言って笑った。
    ――より深いところで、何度となく交わったというのに。
    三杉の自由にできる資産を全て注ぎ込んでも、肖をつなぎ止める事は
    できなかった。
    「僕なりの方法で君を追いかけるよ」
    西洋医学を学ぶ。サッカーを続ける。
    肖が治した心臓を胸の中に抱えたまま・・・