※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

196 名前: 次藤×佐野1  投稿日: 02/02/16 21:49 ID:w+YKmveq
    へたれなので思い切り長くなりました。読んでくれる人いるのだろうか……。

    俺が私服で街を歩いていると、たまに柄の悪い連中から声をかけられる。
    「彼女、彼女ー。無視しないでさ。」
    そんな時は、「俺は男だっ!」の一言でたいてい片づくんだけど、
    その日の連中はしつこかった。
    「お前が女みてえな顔してるのが悪いんじゃんか。他の子に声かけるからさ、
    デート代持ってくれよな。ちょっとこっちこいよ。」
    ごつい手で手首をつかまれ、路地に連れ込まれる。
    そいつらの一人が汚い手で俺の前髪をかき上げる。
    「へへっ、ほんとに女みてーな顔。腕もほっそくて折れそうだな。」
    こんなことを言われるのがイヤだから、前髪を伸ばして顔を隠してるのに。
    「さ、痛い目みねー内に金出せよ。それともいっそ本当に俺たちとつきあうか?」
    どっちもお断りだよ、と言おうとしたとき、俺の前に大きな影が立ちふさがった。



197 名前: 次藤×佐野2 投稿日: 02/02/16 21:51 ID:w+YKmveq
    その大きな影は、俺の手を掴んでいた奴を引き剥がし、地面に叩きつける。
    「こ、このやろう、いきなり何しやがる」
    「それはこっちの台詞タイ、大勢で一人に対して何しよっとか」
    一人の腹にパンチを打ち込み、もう一人の顔に蹴りを入れる。
    俺はこの人を知ってる。次藤さんだ。次藤洋さんだ。不良で、喧嘩に負けた
    ことがなくて、高校生だってやっつけちゃうって有名な人。
    最後の一人を叩きのめすと、次藤さんはやっと俺の方を振り返って笑った。
    「これでもう大丈夫タイ、かわいこチャン」
    「俺は男ですっ!!」
    言い慣れた台詞をいうと、次藤さんはきょとんとした。そして、大声で
    笑い出した。
    「ぎゃはは、とんだただ働きしてしまったものタイ。お前中学生か?」
    「はい、比良戸です」
    「じゃあ、後輩を助けたわけか。そう捨てたもんでもなかタイ。ワシは……」
    「知ってます。次藤洋さんでしょ。有名人だから」



198 名前: 次藤×佐野3 投稿日: 02/02/16 21:54 ID:w+YKmveq
    ハンバーガーショップに入った俺たちは、向かい合わせに座る。うんと上を
    向かないと、次藤さんと目が合わない。
    「助けてくれて、ほんとにありがとうございました。いくらでも奢るから、
    じゃんじゃん食べちゃって下さい」
    「そういわれても、後輩から奢られるってのもなあ……」
    「次藤さんていつも喧嘩ばっかりしてるんですか?」
    ちょっと失礼かなと思いながら、質問する。
    「う~ん、たいがいは毎日喧嘩タイ。あとサッカー部にも籍は置いとるがな」
    サッカー、か……。喧嘩はできなくても、サッカーなら出来る。いつか一緒に
    サッカーをすることが出来るかもしれない。
    「それじゃ、また学校で」
    「いや、さっきの連中がまだうろついてるかもしらん。家まで送っていくタイ」
    俺は家までのそう遠くない道のりを、次藤さんと並んで歩いた。俺の頭は次藤さんの
    胸までしかない。一生懸命上を向いて次藤さんに話しかける。それはなんだか幸せだった。