※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

652 名前: 肖もたまにはサボりたい  投稿日: 02/03/25 20:06 ID:dQgh4T6E
    フィールドでは、まだ、男達が熱い戦いを繰り広げている。
    --あたしは見守るしかない。
    傷ついた、顔面ブロックファンキーガッツマン石崎の枕元で、
    ゆかりは組んだ手をぎゅっと握りしめた。
    --こいつまで、怪我しちゃうなんて。
    こみあげてくる涙を石崎に見せたくなくて、ゆかりはそっと部屋を出た。
    と、ちょうど歩いてきた男にぶつかって、ゆかりは廊下に倒れた。
    「これは失礼・・・ここに怪我人がいるか?」
    漆黒の長い髪をきりりと束ねた、美丈夫がそこに立っていた。
    アジアのどこか、異国の者らしいが、歳は自分達とそう変わらないのでは?とゆかりは思った。
    「怪我人の匂いがしたのだが」
    「あんた医者!?そうは見えないけど・・・石崎を助けて!」
    「石崎?」
    男は眉を顰めた。
    「あいつの石頭も今度ばかりはダメみたい。なんとかしてよ!」
    男は深く考え込み・・・やがて静かに言った。
    「俺では石崎を救えない」
    「なんでよ!」
    「彼に必要なのは、愛だ。包み込み、全てを受け入れる愛」
    「・・・愛?」
    「そうだ。君のな」
    --あたしの、愛?
    呆気にとられるゆかりの前を、男はゆっくりと通り過ぎていく。

    部屋に戻ったゆかりは、石崎の不器用な恋心に、応える事になる。
    それが・・・名も知らぬ男のアドバイスによるものかどうか?
    実のところ、ゆかり本人にもよくわかっていない。